2018年4月20日(金)スタートのNHK総合にて放送のドラマ「デイジー・ラック」

主演を務めるのは、女優・佐々木希さんです。

・・・ん? 佐々木希さんって妊娠の発表がありましたよね!?

無理されないように気を付けてもらいたいものですね。

ドラマ「デイジーラック」のキャストやあらすじや原作について紹介します。



スポンサードリンク


「デイジーラック」放送日・あらすじ

2018年4月20日(金)スタート(連続10回)

毎週金曜 よる10時から

NHK総合にて放送


最終回 あらすじ
放送日:2018年6月22日(金) よる10時

楓(佐々木希)は安芸(鈴木伸之)からプロポーズされ、安芸とともにフランスに行くことを決意した。パン職人としての仕事も続けるつもりの楓だったが、思うようにいかない状況であることがわかってきて…。薫(夏菜)は大和(桐山漣)と一緒に暮らし始めたが、思っていたような毎日ではないことに気づき始める。ミチル(中川翔子)と貴大(磯村勇斗)の関係も一歩進み、えみ(徳永えり)は隆(長谷川朝晴)とのこれからを考え、ある結論を出す。そして、楓が最後に選ぶ道は? 
引用元:https://www.nhk.or.jp/drama10/daisyluck/html_daisyluck_story.html


第9回 あらすじ
放送日:2018年6月15日(金) よる10時

楓(佐々木希)は安芸(鈴木伸之)と恋人関係になり、自分が考案したパンも発売され、仕事も恋も絶好調! 薫(夏菜)はコンペを勝ち抜き、達成感を味わう。ミチル(中川翔子)は仕事のトラブルに見舞われ、えみ(徳永えり)は夫・隆(長谷川朝晴)のけがにひやりとする。四人それぞれの状況が変化する中、安芸にフランスから電話が入り、それが楓と安芸の未来を左右することに…。「デイジー・ラック」、物語はいよいよ最終章です!
引用元:http://www.nhk.or.jp/drama10/daisyluck/html_daisyluck_story09.html


第8回 あらすじ
放送日:2018年6月8日(金) よる10時

楓(佐々木希)はリエコ(芦名星)が安芸(鈴木伸之)に復縁を求めるのを聞いてしまう。二人のことが気になる楓。リエコがひとり泣く姿を見た楓は彼女を家に連れ帰り、ある決意をする。薫(夏菜)は大和(桐山漣)との関係に見切りをつけようとする。だが、コンペを控えた薫の下に大和が現れて…。ミチル(中川翔子)は貴大(磯村勇斗)とつきあいながらも、不安を打ち消せずにいた。えみは(徳永えり)隆(長谷川朝晴)のカフェ経営の夢にどう向き合えばいいのか、まだわからずにいた。そして楓の30歳の誕生日がやってきて…。
引用元:http://www.nhk.or.jp/drama10/daisyluck/html_daisyluck_story08.html


第7回 あらすじ
放送日:2018年6月1日(金) よる10時

安芸(鈴木伸之)の元の恋人・リエコ(芦名星)が店に戻ってきた。リエコは夫と離婚したという。楓(佐々木希)は心穏やかでない。そんな中、新作パンのコンペが開催されることになり、楓は情熱を燃やすが…。一方、薫(夏菜)は大和(桐山漣)とのあいまいな関係に耐え切れなくなっていた。薫は大和に思い切ってぶつかっていく。ミチル(中川翔子)と貴大(磯村勇斗)はぎこちないながらも距離が縮まり、初めての恋をミチルは体験する。えみ(徳永えり)は夫・隆(長谷川朝晴)の夢を聞き、驚きを隠せない。楓のパンはコンペに勝てるか?
引用元:http://www.nhk.or.jp/drama10/daisyluck/html_daisyluck_story07.html


第6回 あらすじ
放送日:2018年5月25日(金) よる10時

リエコ(芦名星)が流産したとの知らせを聞いて、心傷つく安芸(鈴木伸之)。楓(佐々木希)は「自分に何がしてあげられるだろう」と自問し、リエコのためのお見舞いパンを一緒に作ることを安芸に提案する。ミチル(中川翔子)は自分が好きだと思うバッグを作るため、あらためて仕事に集中。そのバッグが来日したハリウッドセレブに手渡ることになり…。薫(夏菜)は大和(桐山漣)との恋に悩む日々を送り、えみ(徳永えり)は隆(長谷川朝晴)の母との会話から自分を見つめなおすことに。そして楓の恋にも大きな転機が…!
引用元:http://www.nhk.or.jp/drama10/daisyluck/html_daisyluck_story06.html


第5回 あらすじ
放送日:2018年5月18日(金) よる10時

夫・隆(長谷川朝晴)のことが信じられなくなったえみ(徳永えり)が行方不明に! 楓(佐々木希)、薫(夏菜)、ミチル(中川翔子)はえみを探して夜の街を走り回り、ついにえみを発見する。そして、隆はえみの誤解を解くのだった。楓は安芸(鈴木伸之)への思いを封印してパン作りに集中しようとするが、完全に吹っ切ることなどできはしなかった。そんな楓を見かねて、薫が安芸と楓のデート(?)を設定。ふたりはバスに乗って山の上のパン屋さんに向かうことに。果たして、その結末は…?
引用元:http://www.nhk.or.jp/drama10/daisyluck/html_daisyluck_story05.html


第4回 あらすじ
放送日:2018年5月11日(金) よる10時

安芸(鈴木伸之)が持っていたリエコ(芦名星)への指輪を見て以来、楓(佐々木希)は安芸が気になって仕方がない。薫(夏菜)もライバル会社の大和(桐山漣)のことばかり考えてしまって、仕事が手につかない。楓は安芸と、薫は大和と食事をすることになり、同じ店で4人が鉢合わせをすることに。ますます大和のことが気になる薫に、大和の元の妻の情報がもたらされ…。ミチルは仕事で苦労が続き、えみも夫のことで悩んでいた。そして楓の中では安芸への思いが…。急展開が見逃せない!
引用元:http://www.nhk.or.jp/drama10/daisyluck/html_daisyluck_story04.html


第3回 あらすじ
放送日:2018年5月4日(金) よる10時

安芸(鈴木伸之)とリエコ(芦名星)がかつて恋人だったことを知った楓(佐々木希)。リエコの出産祝いのパンを作ることになった安芸を手伝うよう、楓は店長(小林隆)から命じられ、安芸とともにパン作りに取り組むが…。薫(夏菜)はライバル会社とのコンペに向けて意欲を燃やすが、恋人にも振り回され、多難な日々が続く。えみ(徳永えり)は夫の浮気疑惑をミチル(中川翔子)に相談するが、悩みは晴れない。それぞれの新しい展開とともに、ひなぎく会の4人にターニングポイントがやってくる!
引用元:http://www.nhk.or.jp/drama10/daisyluck/html_daisyluck_story.html


第2回 あらすじ
放送日:2018年4月27日(金) よる10時

楓(佐々木希)は念願のパン職人修業を始めたが、安芸(鈴木伸之)の厳しい指導についていくのが精いっぱい。楓の前で安芸が高熱で倒れ、楓はもうろうとした安芸がある女性の名を呟(つぶや)くのを聞き…。一方、エステサロンに勤務する薫(夏菜)は新規出店のコンペを前にしてライバル会社の営業マン・大和(桐山漣)の登場に闘志をかきたてる。ミチル(中川翔子)はカバンが売れずに貧乏暮らしが続き、新婚のえみ(徳永えり)には早くも夫婦の問題が…。アラサー女子4人の明日は晴れ?それとも雨?
引用元:http://www.nhk.or.jp/drama10/daisyluck/html_daisyluck_story.html


第1回 あらすじ
放送日:2018年4月20日(金) よる10時

楓(佐々木希)、薫(夏菜)、ミチル(中川翔子)、えみ(徳永えり)は小学校からの幼なじみ。「ひなぎく会」と自分たちを名づけた4人は、えみの結婚式で久しぶりに顔を合わせるが、まさにその日に楓は勤務先が倒産、つきあっていた恋人からもふられてしまい、30才を目前にして恋も仕事も失うことに。楓は子供のころからの夢だったパン職人修業を始めようと決意するが…。
引用元:http://www.nhk.or.jp/drama10/daisyluck/html_daisyluck_story.html



「デイジーラック」原作

ドラマ「デイジーラック」の原作は、漫画家・海野つなみさんの漫画「デイジー・ラック」

海野つなみさんといえば、話題となったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の原作者でもあるんですよね。


「デイジーラック」のドラマ化ということで、2/13(火)に「新装版 デイジー・ラック」全2巻が発売。



さらにデイジー・ラックの後日談が掲載されているということで「新装版 回転銀河」が3月から2冊ずつ発売予定なんだそうです。




海野つなみさん曰く…
逃げ恥がヒットして、これで昔の作品も再販してくれると思いきや「今、紙の本の再販はとても難しいです。電子もありますし」と言われ、逃げ恥でダメならもう今後一生無理だよ~とがっくりしていたので、紙の本は本当にもう最後のチャンスかと思われます。



スポンサードリンク


「デイジーラック」キャスト

主演を務めるのは女優・佐々木希さん。

佐々木希さんって2018年2月28日に妊娠したことを報告されたばかりのはず。

ドラマの主演って体は大丈夫なの…?と心配しましたが、NHK側には事前に妊娠する可能性があることを伝えてあったそうです。




主人公 山城 楓(29)
・・・佐々木希
30才目前で仕事も恋も失ったため、子どものころの夢だったパン職人になることを決意。町のパン屋に務めることになったがパン作りの道は険しく、先輩の職人・安芸の指導も容赦がない。


楓の幼馴染 周防 薫(29)
・・・夏菜
高級エステサロンの営業職として精力的に働くが、年下の彼氏に二股をかけられるなど、プライベートはうまくいかない。新規出店のコンペで出会った大和との恋には、波乱の予感!  


楓の幼馴染 讃岐ミチル(30)
・・・中川翔子 
極貧のバッグ職人。美的センスが独特なため作られるバッグは、一般受けせず、売れ行きは振るわない。薫の弟である貴大から慕われている。

  
楓の幼馴染 岩代えみ(29)
・・・徳永えり
ひなぎく会の中で、唯一の既婚者。幸せな結婚をして、専業主婦となったが、隆は出張が多く家を空けがちのため、新婚生活を満喫するには程遠い毎日。その上、隆に浮気疑惑が浮上。


北村ベーカリーの従業員
安芸開人(29)
・・・鈴木伸之
ヨーロッパでのパン作り修行から3年ぶりに帰国し、楓の教育係となる。職人としての腕は素晴らしく、面倒見も良いのだが、仕事には厳しい。


薫のライバル会社の営業担当
大和孝一郎(35)
・・・桐山漣
嫌味な男だが、仕事に対しては誠実で公平な目を持ち、かなりのやり手。はじめは純粋にビジネスの相手として薫に興味を持っていたが…


薫の実弟 周防貴大(27)
・・・磯村勇斗
出版社に務め、情報誌のライターで映画コーナーを担当。人懐っこく、誰にでも好かれる明るい性格。姉の友達であるミチルとは幼い頃から仲が良く、“アニキ”と呼び慕っている。


えみの夫 岩代隆(41)
・・・長谷川朝晴
会社員。温厚で優しく、紳士で完璧な夫だが、妻の変化にあまり気付かないちょっと鈍感なところがある。仕事が忙しいのでえみになかなか構えない。


北村ベーカリーの従業員
津幡章生(24)
・・・矢野聖人
あだ名は「つばっちゃん」。先輩の安芸を崇拝している。お店のムードメーカー。


北村ベーカリーのアルバイト
箱崎るり(21)
・・・井上苑子
現代っ子でサバサバしており、何事もそつなくこなす。


楓の恋人 清水浩太(30)
・・・浅香航大
大手企業に勤める会社員。いまどきの男子だが、根は真面目な性格。


薫の恋人 牧村真司(27)
・・・栁俊太郎
大学生で、薫のヒモのような存在で、天性の女たらし。「しんちゃん」と呼ばれている。


薫の上司 高桑瑞枝(38)
・・・MEGUMI
高級エステサロンの敏腕オーナー。仕事一筋で薫のことを人一倍可愛がっている。


北村ベーカリーの箱入り娘
松下リエコ(30)
・・・芦名星
旧姓は北村。安芸の元恋人。


北村ベーカリーの店主の妻
北村万里江(53)
・・・とよた真帆
世話好きで人付き合いがよく、従業員たちを温かく見守る。


北村ベーカリー店長
北村等(55)
・・・小林隆
職人気質で人望に厚い。明るく温厚でめったに怒ることがない。


楓の母 山城遼子(56)
・・・片平なぎさ
近くに住んでおり、毎週のように楓の家に遊びに来る。天真爛漫で奔放な性格。一人っ子である楓とは仲が良く、娘の良きアドバイザー。


「デイジーラック」再放送と動画配信情報!



スポンサードリンク