昔、「蝦夷地」と呼ばれていた「北海道」。

「北海道」と命名されてから150年の節目となる2019年に記念ドラマが放送されます。

北海道150年記念ドラマ「永遠のニㇱパ ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」

主演を務めるのは、嵐のメンバー松本潤さんです。

ドラマ「永遠のニシパ」のキャストやあらすじ、放送日や再放送情報、ニシパの意味について紹介します。



スポンサードリンク


ドラマ「永遠のニシパ」放送日と再放送

【放送日】
2019年 春

NHK総合にて放送

北海道で先行放送のあと、全国放送
[BS4K]でも放送予定


再放送に関しては情報が分かり次第追記します。


ドラマ「永遠のニシパ」あらすじ

ペリーの黒船来航、ロシアの国境画定要求など江戸幕府は海外列強から開国を迫られる未曾有の危機にあった。武四郎は蝦夷地をロシアから守らなければならないと決意して蝦夷地を探査する。蝦夷地探査はアイヌの人々の案内で行われた。そして武四郎はアイヌ文化の豊かさやアイヌの人々のやさしさに共感していく。しかしやがて蝦夷地を経営している松前藩のアイヌへの搾取略奪の実態を目の当たりにするようになる。武四郎はアイヌの女性リセと出会う。リセは美しく気高く家族を守っているが多くを語らない過去のいきさつがあり、愁いを帯びた瞳が印象的だった。武四郎は江戸に帰り、蝦夷地図を出版する。そしてアイヌが搾取されている厳しい実態を告発した。これに激怒した松前藩は武四郎にさまざまな妨害工作を仕掛け、遂には武四郎の命を奪おうと刺客を放つ。命からがらに追われながらも武四郎は幕府に雇われて、ふたたび蝦夷地を探査することになる。今やロシアの南下を防ぐために蝦夷地の開拓は急を要していて武四郎に白羽の矢が立ったのだった。



ニシパの意味は?

ドラマ「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」…。

このニシパという言葉の意味ってご存知ですか?

この「ニシパ」という言葉、アイヌ語で「紳士」「旦那」「親方」という意味なんだそうです。

なので、ドラマ「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」でのニシパは、松浦武四郎のことを指しているのではないでしょうか?


この松浦武四郎(まつうら たけしろう)という人物。

蝦夷地と呼ばれていた北海道を「北海道」のもととなる「北加伊道」と提案した人物。

北海道へは6回渡り、150冊の調査記録書を遺しています。

アイヌ民族とも深い交流がありアイヌの人たちの生活を守ろうともしていました。

現在の北海道にとって松浦武四郎という人物は、ニシパですね。


ドラマ「永遠のニシパ」キャスト

主人公 松浦武四郎
・・・松本 潤


アイヌの女性 リセ
・・・深田恭子 

ほか

詳細が分かり次第追記します。



スポンサードリンク