2018年4月17日放送の朝ドラ「半分、青い。」第14話で、気になる美少女が登場しました。

菜生(奈緒)の最後の弓道の試合を観に行った律(佐藤健)とブッチャー(矢本悠馬)。

そこで律はある美少女に心奪われたように見えました。

律と美少女は、しばらく見つめ合っていたように思えたのですが…。

この気になる美少女と律との今後がすごく気になりませんか?

律と美少女が今後どんな関係になっていくのか、結婚はあるのか調べてみました。

もしかすると、ネタバレになるかもしれませんので、注意してください。



スポンサードリンク


弓道の美少女は誰?

2018年4月17日放送の朝ドラ「半分、青い。」第14話。

菜生の最後の弓道の試合を観に行った律とブッチャー。

すると律の様子が…。

律の視線の先には、美少女がいたんです。


この美少女は一体誰!?

律が心奪われた(?)美少女は、交流試合で朝露高校を訪れた柏木高校の女子高生で、名前は伊藤清(さや)。

演じているのは、モデル・女優として活躍中の古畑星夏(ふるはたせいか)さんです。


伊藤清が放った矢が、的の中心を射抜いたところの描写が、律が心を射抜かれたように表現されているようで、上手い!! と思ってしまいました。



スポンサードリンク


律と伊藤清の今後の関係を予想!結婚はあるのか!?

(※ネタバレ注意)

気になるのは、律と清の今後です。

この律と清の出会いが今後の律や鈴愛達にどんな影響を与えるのか…。



律は勇気を出して美少女に名前を聞き出し、「もう一度再会できたら、それは運命」と律はこの時思います。


その後、上京した律は大学のキャンパスで清と再会するんです。

律にとって「運命の人」となってしまったことでしょう。

清に「運命」を感じた律は、やはり結婚も考えたりするのでしょうか?


律と清の再会によって、鈴愛と律の関係が危うくなっていくようなんです。

生まれた時からお互いを支え合い、深い絆で結ばれていた律と鈴愛の関係が、清によってどのようになっていくのか…。

岐阜編では、爽やかで、子供らしい律と鈴愛たちの関係が微笑ましかったのですが、律の上京によって清と再会。


どうやらドロドロとした内容の物語が展開されるようなんです。

正直、律や鈴愛たちのドロドロの関係は見たくないのですが、律と清、そして鈴愛。

律や鈴愛たちがどのように成長していくのか、しっかりと見ていきたいですね。


※今後、進展があれば追記していきます。


結婚相手を勝手に予想!
半分青いネタバレ予想!鈴愛の結婚相手は律・正人・涼次?

半分青いネタバレ予想!菱本さんと秋風羽織は結婚するの?



スポンサードリンク