2018年5月10日放送の朝ドラ「半分、青い。」。

ヒロイン・鈴愛が秋風羽織のオフィス・ティンカーベルに到着し、オフィス内を案内された後、寮でくつろいでいたところにボクテ登場!

演じているのは俳優・志尊淳(しそんじゅん)さんです。

ところで、「ボクテ」ってどう意味なのかご存知ですか?

「半分、青い。」で志尊淳さんが演じるボクテの意味や、かわいい画像を紹介します。



スポンサードリンク


ボクテの意味

オフィス・ティンカーベルで秋風羽織のアシスタントとして働いている、ボクテ

演じているのは、俳優・志尊淳さんです。


2018年5月10日の放送で、鈴愛の部屋に荷物を持ってきてくれた際、自己紹介してました。

自分は、ゲイなので襲ったりしないからと…。

そして、「ボクテ」というのは「僕って…」というのが口癖なので「ボクテ」と呼ばれているとのこと。

ちなみにボクテの本名は「藤堂誠」と言うんですよ。



ゲイだというボクテ。

どんな性格なのでしょうか?

鈴愛との会話の場面では、とてものやさしそうな感じだったので、少し安心したのですがまだまだ油断は禁物です。

鈴愛にとってどんな存在になるのか今後も見守りたいですね。



そういえば、志尊淳さんってドラマ「女子的生活」で、見た目は女性だけど、実は男性で、恋愛対象は女性という“複雑な”トランスジェンダーを演じていましたね。

なかなか難しい役どころに挑戦の志尊淳さんですね。



スポンサードリンク


ボクテ(志尊淳)かわいい画像

志尊淳さん演じるボクテが「かわいい!」と話題になっています!





全く違和感なくかわいいボクテを演じている志尊淳さん。

また演技の幅が広がったのではないでしょうか?

これからボクテの登場も多くなってくるはずです。

癒し的な存在になってもらいたいですね。



トランスジェンダーを演じた志尊淳さん主演ドラマ「女子的生活」が気になる方はこちらを確認




スポンサードリンク