NHKドラマ10「この声をきみに」9月8日スタートします。

主演に抜擢されたのはNHKドラマ初主演の竹野内豊さん。

キャストにはA.B.C-Zのメンバーの戸塚祥太さんが出演とあって、さっそく話題となっているようです。

NHKドラマ10「この声をきみに」の原作やあらすじ、キャストを紹介します。



※9/9追記
「この声をきみに」第1回放送中、緊急放送となり、改めて次週9月15日(金)に放送されることとなりました。



スポンサードリンク


「この声をきみに」原作

「この声をきみに」は脚本家・大森美香さんのオリジナル作品です。


大森美香…脚本家、演出家、映画監督
・1972年3月6日生まれ
・福岡県築上郡築城町(現・築上町)出身
代表作品
ドラマ「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」「夏の恋は虹色に輝く」「あさが来た」
映画「カイジ 人生逆転ゲーム」「宇宙兄弟」



「この声をきみに」あらすじ

大学で数学を教える穂波孝(竹野内豊)は、話すことが苦手で、学生からの人気もない偏屈でさえない46歳。
そんな孝に愛想を尽かした妻・奈緒(ミムラ)はある日突然子供と家を出て行ってしまう。

後日、学部長から「話し方教室」へ行くよう命じられた孝は、講師の江崎京子(麻生久美子)と出会うが、険悪な雰囲気になってしまう。

数日後、人生を変えるために訪れた町外れの小さな朗読教室で京子と再会した孝。

朗読教室を舞台に個性的な生徒たちと一緒に、さえない男・孝が成長していく姿を面白く、切なく描かれています。



「この声をきみに」戸塚祥太が出演!

ジャニーズ事務所に所属するユニットA.B.C-Zのメンバー・戸塚祥太さんが、NHKドラマ10「この声をきみに」に出演決定。



「A.B.C-Z」




戸塚祥太さん




・とっつー頑張れ! はー楽しみ
・とっつーの朗読、楽しみだなぁ
・戸塚祥太くんがドラマ「この声をきみに」出演決定!楽しみが増えました

などと、楽しみにしているファンが多いようです。


戸塚祥太さんが演じるのは、実家のコンビニでバイト生活をしている河合雄一役。
繊細な性格の持ち主で、周囲に気が利き、可愛い外見もあり、周りからは女の子とからかわれていた。内心トランスジェンダーと思っており、そういう自分を受け入れる、朗読教室に居心地の良さを感じる。

ちょっと、難しそうな役どころのようですね。



ちなみに戸塚祥太さんが過去に出演したドラマ作品は…
2012年「ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日~」
2015年「癒し屋キリコの約束」

ドラマの出演作品は少ないようですね。

ファンにとっては、貴重なドラマ出演。

楽しみで仕方ないでしょうね。



スポンサードリンク


「この声をきみに」キャスト

主人公・数学講師
穂波孝 / 竹野内豊
厳格な父の目から隠れるように自分の世界にこもり、数学に興味を持つ。女の子とは縁がない学生生活で、デート経験はあるが「声はいいのに話が最高に面白くない」となじられる。結び目理論を専攻、今でもボロミアン環や蝶々結びなど結び目に執着する。


朗読教室の講師
江崎京子 / 麻生久美子
いつもニコニコしているように見えて中身は悲観主義者&現実主義者。恋愛恐怖症で、恋愛至上主義な世の中を嫌悪している。過去に何かあったらしい。


孝の妻
穂波奈緒 / ミムラ
大学時代に講師の孝(竹野内豊)に興味を持ち、積極的アプローチ。卒業後、交際が始まり結婚したが、長女が生まれると「人として魅力があっても、夫として父として決定的にダメな人種かもしれない」と感じ始める。


穂波の父
穂波定男 / 平泉成 
息子には自分のような苦労をさせたくないと、孝には教育熱心。現在は、一時的に養護施設に入所中。


奈緒の母
八坂淳子 / 仁科亜季子 
奈緒が出戻り、心配するが、孫たちと同居できることに喜ぶ。テニスやカルチャーセンターに通うのが好き。
 

穂波の友人、数学者
東原正規 / 松岡充
独身。愛想も要領もよく、先輩研究者や教授に好かれ、同期でもいち早く教授になる。バンドが趣味で、音楽と等比数列を関連付けた彼の授業は人気講義のひとつ。ゼミの人気が高く、他の大学でもひっぱりだこ。 



朗読教室の主宰者
佐久良宗親 / 柴田恭兵
ラジオの人気アナウンサーだったが、妻の病気を機にフリーに転身。自宅で朗読教室「灯火親」を始める。指導だけでなく生徒の心の内を救い上げ、カウンセラーのようでもある。朗読には正解がない、そこがいいところと思っている。京子の過去を知っている


海運会社勤務
福島雅夫 / 杉本哲太
毎年に半年ほどタンカーや商船の船長として航海に出る。せめて日本にいる時は、日本語にどっぷり浸かりたいと思い、朗読教室に通う。誰とでも打ち解ける明るい性格で、孝の心の中にもあっという間に入り込む。


磯崎和代 / 片桐はいり
メーカーの有能な経理担当、数字と向き合う仕事。幼い頃から、文学や詩や芸術が苦手、自分は他人の気持ちや恋愛に興味をもたないまま一生を終えるのが寂しいと感じるようになり、そんな時に朗読に出会い、教室に通う。孝(竹野内豊)に親近感を抱く。


声優志望の専門学生
稲葉美鈴 / 大原櫻子
憧れていた声優になりたいと思い立つが、両親は反対するし、声優スクールはお金がかかるし、とりあえず朗読教室へ。幼少の頃、母親に「上手ね」と朗読を褒められたことをずっと覚えている。


柏原喜巳子 / 堀内敬子
二人の息子がいる噂好きな主婦。子育ても落ち着き、興味があった朗読ボランティアを始める。上手くなりたいと教室に入って5年。自分が朗読しに来るのを楽しみにする小学生やご老人がいるのが嬉しい。


熊川絵里 / 趣里
メーカーのショールームに勤務。毎日の型通りの仕事に疲れ、教室に通い始める。教室ではストレス解消のごとく、積極的に話す。
 

河合雄一 / 戸塚祥太 
実家のコンビニでバイト生活をしている。繊細な性格の持ち主で、周囲に気が利き、可愛い外見もあり、周りからは女の子とからかわれていた。内心トランスジェンダーと思っており、そういう自分を受け入れる、朗読教室に居心地の良さを感じる。


チャライ弁護士
五島由紀夫 / 永瀬匡



「この声をきみに」放送日

2017年9月8日(金)スタート(連続8回)
※変更 ↓  ↓
2017年9月15日(金)スタート(連続8回)

NHK総合にて 毎週金曜よる10:00~

「この声をきみに」の再放送と動画配信情報!



スポンサードリンク