荒神


NHKにてスペシャルドラマ「荒神」の放送が決定しました。

小説家・宮部みゆきさん原作の「荒神」のドラマ化。

キャスト・あらすじ・放送日などについて紹介します。



スポンサードリンク


「荒神」原作

スペシャルドラマ「荒神」の原作は、小説家・宮部みゆきさんの「荒神(こうじん)」。

宮部みゆきさんの「荒神」を読んだ人の感想は…


●宮部みゆき「荒神」凄いものを読んでしまった。
●最初は「もののけ姫」的な時代小説か…と読み進めると、いつの間にか宮部みゆき版ゴジラに!
●得体の知れない怪物による災厄の不気味な描かれように恐ろしくてたまらない気持ちになったけど、同時に面白くて先が気になって一気に読んでしまった。
●中だるみなく一気に読んだ。おもしろい。


なかなか面白そうな小説のようですね。

朝日新聞の新聞連載小説として2014年4月までの約1年間、掲載されていたこともあったようです。


ドラマが始まる前に、又はドラマを見終わった後に原作を読んでみるのもいいですね。



ドラマ「荒神」あらすじ

関ヶ原の戦いから100年。太平の世に、怪物は突然現れ、村人を殺し村を焼き尽くした。
怪物はなぜ現れたのか?どうすれば倒すことができるのか?怪物と人間たちの死闘を、最新のVFXを駆使して描く、スケールの大きなエンターテインメント時代劇。

朱音[あかね](内田有紀)の住む村に、怪物に襲われて傷だらけになった少年が逃げてくる。迫りくる怪物の恐怖。朱音は、浪人・榊田宗栄(平岡祐太)、絵師・菊地圓秀(柳沢慎吾)とともに、村を守るため、知恵と勇気をふりしぼって怪物との戦いに挑んでいく。一方、朱音の兄で藩の重臣・曽谷弾正(平岳大)は、怪物を自ら操ろうと企む。怪物との戦いの蔭で繰り広げられる愛憎劇。やがて明らかになる怪物誕生の意外な真相。そこに浮かび上がるのは、罪深い人間の業だった。朱音たちと怪物との戦いの行方は?

突然現れ村を破壊した怪物。

その裏には、村と村との対立や人間の憎しみなどが関係しているようです。

映像化された怪物がどのような仕上がりになっているのかも楽しみな気がします。



スポンサードリンク


「荒神」キャスト

主人公 朱音(あかね)
・・・内田有紀 


朱音の兄で藩の重臣 曽谷弾正
・・・平岳大 


浪人 榊田宗栄
・・・平岡祐太 


絵師 菊地圓秀
・・・柳沢慎吾

前田亜季 

前川泰之 

中本賢 

角替和枝/中原丈雄 

品川徹 

田中要次
 
加藤雅也 

柴俊夫 

大地康雄 

ほか



「荒神」放送日

スーパープレミアム スペシャル時代劇 「荒神(こうじん)」

2018年2月17日(土)

よる9時から10時50分

BSプレミアム にて放送


「荒神」NHKにてドラマ化!再放送や動画配信情報



スポンサードリンク