朝ドラ「ひよっこ」に出演の女優・宮本信子さん。

ヒロインを演じている有村架純さんとは2013年放送の朝ドラ「あまちゃん」で共演していて、今回「ひよっこ」で再共演となり話題となっています。

今回「ひよっこ」で宮本信子さんが演じているのはすずふり亭の店主・鈴子です。

鈴子を演じている宮本信子さんの演技力がすばらしく、絶賛されているようです。

そんな宮本信子さんの過去の朝ドラの出演作品や、「ひよっこ」すずふり亭の店主・鈴子役について紹介します。



スポンサードリンク


宮本信子が「ひよっこ」すずふり亭店主・鈴子役!

宮本信子さんが演じているのは赤坂にある洋食店「すずふり亭」の店主・牧野鈴子です。


鈴子は「すずふり亭」の料理長・牧野省吾の母親。

父が開いた店を夫と息子と切り盛りしていたが空襲で夫と店を失う。戦後、必死に店を再建し本格的な洋食を手軽に食べられるということで人気店に…。

実が来店したことがきっかけで谷田部家と交流が始まっています。



明治生まれの鈴子は、戦争だけでなく関東大震災も経験しています。

そのため、我慢を覚え、近所どおしが助け合いながら生きてきたため他人を思いやることが身に付いているんです。

そんな他人を思いやるセリフの多い宮本信子さん演じる鈴子です。


宮本信子さんはみね子と同じように高校卒業と同時に親元を離れ上京しているそうで、演技をしながら当時の状況が甦ってくるそうですよ。


【関連記事】
すずふり亭の見習いコック
磯村勇斗の出演時期はいつ?コック役がかっこいい!



宮本信子 ひよっこの演技が大絶賛!

宮本信子さんが演じている鈴子の言葉がとても温かく、心に響く言葉なんですよねぇ。

そして演じている宮本信子さんの演技力で鈴子の温かさ、優しさがとても身にしみます。


ヒロイン・みね子の父、実がすずふり亭に来店した時には…

「自慢にはならないけど国立競技場の現場にいたことがある」と話した実に、

「自慢してください。あれは俺が造ったんだって」

そして家族へのお土産にとポークカツサンドを手渡しながら

「東京を嫌いにならないでくださいね」

このセリフは多くの視聴者に感動を与えたようです。

岡田惠和さんのすばらしい脚本はもちろんですが宮本信子さんの演技力には脱帽ですよね。

実の苦労を察してさり気なく発した労いの言葉は温かみがあって、とても優しい言葉でした。




さらに、ヒロイン・みね子の母、美代子が実を捜して東京に行き、すずふり亭を訪れ実がいなくなった事を話した時…

以前実から預かっていた重箱を、いつか実が取りにくるまで預かっていてもいいかと言った優しい言葉は、美代子の胸にしみていました。

そして、上野駅で朝を待っていた美代子の元に、きっと上野駅で夜を明かすだろうと思った省吾と鈴子が夜食を持って現れます。

省吾と鈴子は美代子が遠慮しないように楽しそうに話し始め、美代子は嬉しくて涙した。

この場面もとにかくさりげない優しさあふれる演技に、見ている方も温かい気持ちになってしまいました。


宮本信子さんは鈴子を演じるうえで、1964年当時の人と人との対話の仕方や雰囲気などを大切に演じているそうです。

さらに鈴子がどれくらい苦労してきたのか、どんなことを背負って生きているかを考えながら演じているのだそうです。

今後もさらに鈴子の登場が多くなってくるはずです。

きっと温かい気持ちになるのでしょうね。


スポンサードリンク


宮本信子の過去の朝ドラ出演作品は?

個人的には「あまちゃん」の夏ばっぱのイメージがいまだに残っているのですが、宮本信子さんは今までどんな朝ドラに出演されていたのでしょうか?


1981年
本日も晴天なり:桂木トシ江 役
ヒロイン・桂木元子(原日出子)の母親。

戦時下に、NHKのアナウンサーとして青春の一時期を過ごした元子(原日出子)の半生。
戦中戦後主婦業のかたわら、仕事にも生きがいを求めて自立する女性の奮闘記。


2002年
まんてん:花山百合子 役
合氣道の道場主

鹿児島県・屋久島の大自然に育ち、大阪で気象予報士となった満天(宮地真緒)は、行方不明になっていた父と再会をきっかけに「宇宙から天気予報を伝えること」に夢をふくらませて大奮闘する。


2007年
どんど晴れ:加賀美環 役
加賀美屋九代目女将・柾樹の叔母

横浜育ちで実家のケーキ屋でパティシエ修業中の夏美(比嘉愛未)。ホテルマンの婚約者が突然盛岡の老舗旅館を継ぐと言い出し、夏美も実家を出て「加賀美屋」で女将修行をすることを決断する。
加賀美屋の伝統と格式の中で孤軍奮闘する夏美の成長記。


2013年
あまちゃん:天野夏 役/ナレーション
ヒロイン・アキの祖母で春子の母親、通称「夏ばっぱ」。

宮藤官九郎さんの脚本によるオリジナルストーリー。
東北・北三陸の小さな田舎町が舞台。祖母の後を追って海女となったヒロイン・アキ(能年玲奈)が、思いがけないことから地元アイドルに。その後東京でアイドルとして奮闘するが、東日本大震災の復興のため地元のアイドルとして再び北三陸に戻る。


2017年
ひよっこ:牧野鈴子 役
洋食屋「すずふり亭」の店主。

岡田惠和さんによるオリジナルストーリー。
茨城県北西部にある山あいの村・奥茨城村に育ったヒロイン・谷田部みね子(有村架純)は、消息不明となった父を探すため集団就職で上京。働きながら、様々な試練を乗り越えて成長していくみね子の姿を描く。



まとめ

いまだに朝ドラ「あまちゃん」の夏ばっぱのイメージが強い宮本信子さんですが、「ひよっこ」で演じている、洋食屋「すずふり亭」の店主・牧野鈴子も本当にすばらしい役どころです。

これから鈴子の登場が増えてくると思われますので、お見逃しなく!



スポンサードリンク