小説家・吉川英治の長編小説「鳴門秘帖」(なるとひちょう)が、NHKBS時代劇にて放送されることが決定しました。

過去に何度も映画化・ドラマ化されている「鳴門秘帖」。


1959年
KRテレビ(現、TBS)にて、水島道太郎主演。

1966年
MBSにて、高橋悦史、扇千景主演。

1977 ~ 78年
NHKにて、田村正和主演。

1990年
TBSにて、杉良太郎主演。


NHKでの放送は、田村正和さんが主演したドラマ以来40年ぶりとなるそうです。



歴史ある「鳴門秘帖」の登場人物(キャスト)、あらすじや再放送情報を紹介します。



スポンサードリンク


「鳴門秘帖」放送日・再放送

2018年4月20日(金)から(連続10回)

毎週金曜 よる8時から8時43分

BSプレミアムにて放送 

●再放送
毎週日曜 午後6時45分

BSプレミアムにて放送



最終回「秘帖(ひちょう)の行方」
放送日:2018年6月22日(金)午後8時

再放送:2018年6月24日(日)午後6時45分



第9回「姉妹の契り」
放送日:2018年6月15日(金)午後8時

再放送:2018年6月17日(日)午後6時45分



第8回「親子の名のり」
放送日:2018年6月8日(金)午後8時

再放送:2018年6月10日(日)午後6時45分



第7回「絶体絶命の船出」
放送日:2018年6月1日(金)午後8時

再放送:2018年6月3日(日)午後6時45分



第6回「十年ぶりの再会」
放送日:2018年5月25日(金)午後8時

再放送:2018年5月27日(日)午後6時45分



第5回「中山道危機一髪」
放送日:2018年5月18日(金)午後8時

再放送:2018年5月20日(日)午後6時45分



第4回「悲しき慕情」
放送日:2018年5月11日(金)午後8時

再放送:2018年5月13日(日)午後6時45分



第3回「阿波への旅立ち」
放送日:2018年5月4日(金)午後8時

再放送:2018年5月6日(日)午後6時45分



第2回「甲賀屋敷炎上」
放送日:2018年4月27日(金)午後8時

再放送:2018年4月29日(日)午後6時45分


第1回「運命のうず潮」
放送日:2018年4月20日(金)午後8時

再放送:2018年4月22日(日)午後6時45分



スポンサードリンク


「鳴門秘帖」あらすじ

最終回「秘帖(ひちょう)の行方」
弦之丞(山本耕史)は、旅川周馬(武田真治)が徳島城から鳴門秘帖を盗み出したことを知る。周馬は、驚くべき密命を帯びていた。周馬は、鳴門の渦潮を望む土佐泊の港から、大坂に渡ろうとする。弦之丞は周馬のあとを追い、土佐泊の港で周馬に追いつく。弦之丞は周馬を倒して秘帖を手に入れ、徳島城に忍び込み、城主・蜂須賀重喜(相島一之)と竹屋三位卿(篠井英介)に対する。龍耳軒(田村亮)から秘帖を取り戻した後のことを託された弦之丞にはある考えがあった。お十夜孫兵衛は、弦之丞に最後の勝負を挑む。そして弦之丞と千絵(早見あかり)は…。
引用元:https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/naruto/html_naruto_story.html


第9回「姉妹の契り」
徳島城のろうに捕らわれた弦之丞(山本耕史)は、家老・龍耳軒(田村亮)のはからいで脱獄する。一方、お十夜孫兵衛(袴田吉彦)に拉致された見返りお綱(野々すみ花)は、孫兵衛の悲惨な過去を知り、共感を覚える。だが、駆けつけた弦之丞と千絵(早見あかり)の助けで、逃げ去る。お綱と千絵は、姉妹の名のりをあげ、弦之丞と千絵は再会の喜びで満たされる。お綱は妹のために、弦之丞への思いを断ち切る決心をする。そして弦之丞たちは、鳴門秘帖を奪うことに成功するのだが…。
引用元:https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/naruto/html_naruto_story.html


第8回「親子の名のり」
阿波に漂着した弦之丞(山本耕史)と見返りお綱(野々すみ花)は、お遍路に身をやつして、甲賀世阿弥(中村嘉葎雄)が幽閉されている剣山へと向かう。竹屋三位卿(篠井英介)は山狩りを命じる。弦之丞が来ることを知った世阿弥は、山ろうを破って、鳴門秘帖を掘り出す。旅川周馬(武田真治)が横取りしようとするが、お綱の短筒に撃たれる。周馬は世阿弥に致命傷を負わせて逃げる。お綱と親子の名のりをして、世阿弥は息絶える。お十夜孫兵衛(袴田吉彦)が現れ秘帖を手に入れる。お綱を救おうとした弦之丞は、竹屋三位卿に捕らえられる。
引用元:https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/naruto/html_naruto_story.html


第7回「絶体絶命の船出」
弦之丞(山本耕史)と見返りお綱(野々すみ花)は、四国屋お久良(萬田久子)の手助けで阿波への商い船に便乗し、つづらの中に隠れて阿波へと向かう。弦之丞らの動きを阻止しようと船に乗り込んだ竹屋三位卿(篠井英介)は、つづらを剣で突かせ、蜂須賀家の大坂屋敷に運び込むが、つづらの中で息絶えていたのはお米(武田玲奈)だった。お米は恋する弦之丞を救うために命をかけたのだ。弦之丞とお綱は、船に居残った旅川周馬(武田真治)とお十夜孫兵衛(袴田吉彦)にみつかって襲われる。弦之丞とお綱は、突如鳴戸の渦の中へと飛び込む。
引用元:https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/naruto/html_naruto_story.html


第6回「十年ぶりの再会」
阿波へ向かう船が、蜂須賀家に差し止められたため、弦之丞(山本耕史)らは大坂で足止めを食らう。見返りお綱(野々すみ花)は、藍玉問屋のお久良(萬田久子)を訪ねて助力を乞う。お久良は、お綱が甲賀世阿弥の実の娘であり、千絵(早見あかり)は腹違いの妹だと語る。旅川周馬(武田真治)の手を逃れた千絵は、平賀源内(正名僕蔵)に救われるが、旅の疲れから倒れ、人事不省に陥る。源内の知らせを受けてかけつけた弦之丞は、千絵との再会を果たすが、千絵は目を覚まさない。千絵と姉妹であると知ったお綱は、弦之丞への思いを断ち切る。
引用元:https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/naruto/html_naruto_story.html


第5回「中山道危機一髪」
中山道妻籠宿で、弦之丞(山本耕史)は、平賀源内(正名僕蔵)と再会し、鳴門秘帖の件は、藍玉の利権を巡る幕府と阿波の対立が元であり、全ては茶番だと聞かされる。見返りお綱(野々すみ花)は、ひょんなことから阿波の藍玉問屋のお内儀・お久良(萬田久子)の危機を救う。千絵(早見あかり)は旅川周馬(武田真治)の手から逃れてお綱と遭遇、二人は弦之丞を巡って一度は対立するが、ともに弦之丞を探すことを決意する。しかし再び現れた周馬が千絵を連れ去り、千絵を助けようとしたお綱は怪我を負う。弦之丞は、お綱を優しく介抱する。
引用元:https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/naruto/html_naruto_story.html


第4回「悲しき慕情」
中山道下諏訪の宿で、弦之丞(山本耕史)は、阿波の刺客・天堂一角(渡辺大)らに襲われるが、大坂の料理屋の一人娘・お米(武田玲奈)にかくまわれる。お米は弦之丞を慕うようになるが、弦之丞の心の中には、千絵(早見あかり)がいることを知る。ろうがいを病んでいるお米は、前途を悲観して首をくくろうとするが、見返りお綱(野々すみ花)に救われる。お綱はお互いに弦之丞を慕う関係とは知らずに、お米の恋を励ます。お綱と岡っ引きの万吉(梨本謙次郎)は、関谷孫兵衛(袴田吉彦)に捕らわれ、危機に陥るが、間一髪で弦之丞に救われる。
引用元:http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/naruto/html_naruto_story.html


第3回「阿波への旅立ち」
弦之丞(山本耕史)は、甲賀屋敷で千絵(早見あかり)と再会するが、猛火に包まれて、千絵のゆくえを見失う。怪我を負った弦之丞は、見返りお綱(野々すみ花)の家にかくまわれる。千絵を我がものにして甲賀の跡目を継ごうと企む旅川周馬(武田真治)は、弦之丞が敵であると言葉巧みに千絵の心を操ろうとし、千絵の父・世阿弥(中村嘉葎雄)を探しに、阿波へ旅立とうと誘う。心乱れた千絵は、阿波へ向かうという文を弦之丞に託す。弦之丞もまた、鳴門秘帖と世阿弥の行方を追って阿波へと旅立つ。弦之丞を慕う見返りお綱は、弦之丞の後を追う…。
引用元:http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/naruto/html_naruto_story.html


第2回「甲賀屋敷炎上」
法月弦之丞(山本耕史)は、鳴門秘帖(なるとひちょう)を探す密命を受ける。弦之丞を慕う下ッぴきの銀五郎(忍成修吾)は千絵(早見あかり)にそのことを知らせようとするが、甲賀の忍びに殺される。弦之丞は命をかけて阿波へ行く覚悟を固める。運命的な出会いを通じて弦之丞を恋い慕うようになった見返りお綱(野々すみ花)は、弦之丞のために、甲賀屋敷に忍び込む算段をつけるが、千絵を我がものにと企む旅川周馬(武田真治)は、弦之丞の侵入を知って、屋敷に火を放つ。弦之丞と千絵は、猛火に隔てられつつも、つかの間の再会を果たすが…。
引用元:「鳴門秘帖」公式HP


第1回「運命のうず潮」
法月弦之丞(山本耕史)は、千絵(早見あかり)への思いを断ち切り、剣術修行の旅に出る。千絵の父、甲賀世阿弥(中村嘉葎雄)は密命を受け、倒幕の血判状「鳴門秘帖(なるとひちょう)」を探るために阿波徳島に潜入するが消息を絶つ。数年後、剣の道に絶望した弦之丞は、虚無僧姿となって江戸に帰る。女スリ見返りお綱(野々すみ花)、辻ぎりお十夜孫兵衛(袴田吉彦)と運命的な出会いを果たした弦之丞は、千絵と再会するために世阿弥の家を訪ねるが、筆頭弟子を名乗る旅川周馬(武田真治)は、千絵は気うつの病で、誰にも会えないと言う。
引用元:「鳴門秘帖」公式HP



「鳴門秘帖」原作あらすじ

江戸時代中期、幕府打倒の陰謀が発覚した。幕府は、黒幕を阿波の徳島藩主たる蜂須賀重喜とにらみ、甲賀の隠密世阿弥を潜伏させる。しかしそれから10年、世阿弥は行方が知れず、その仲間の中には真実を知るために阿波潜入を試みる者たちがいた。

虚無僧姿に身を包む隠密法月弦之丞(のりづきげんのじょう)もその一人である。世阿弥の娘であるお千絵は弦之丞に想いを寄せるが、弦之丞は隠密である関係上、その願いはかなわない。

一方スリの見返りお綱は、偶然にも世阿弥の手紙を掏り取った。天堂一角、十夜孫兵衛、旅川周馬の3人は阿波の陰謀を知り、竹屋三位卿の指示のもと弦之丞の阿波潜入を阻止しようとする。



ドラマあらすじ

幕府転覆計画を記したとされる鳴門秘帖を手に入れるため、阿波二十五万石への侵入を試みる虚無僧姿の美剣士・法月弦之丞(のりづきげんのじょう)と女スリの見返りお綱。江戸から大阪、そして阿波へ。二人に次々と襲いかかる刺客たち。ロードムービー感覚のスパイアクションと、波乱のラブストーリーが展開される。



スポンサードリンク


「鳴門秘帖」登場人物(キャスト)

※「鳴門秘帖」公式HPから引用

虚無僧の美剣士
法月弦之丞(のりづきげんのじょう)
・・・山本耕史 
幕府大番頭の嫡子。夕雲流免許皆伝の剣士。


お綱
・・・野々すみ花 
女スリで短銃使い。


千絵
・・・早見あかり 
弦之丞の許嫁


関谷孫兵衛
・・・袴田吉彦 
お十夜頭巾の辻斬り


天堂一角
・・・渡辺大 
阿波徳島藩の刺客


旅川周馬
・・・武田真治
甲賀宗家の高弟


お久良
・・・萬田久子 
藍玉問屋・四国屋の女将


甲賀世阿弥
・・・中村嘉葎雄
甲賀宗家頭領。千絵の父 


篠井英介 

田村亮 

ほか

「鳴門秘帖」動画配信情報!



スポンサードリンク