「三十路を過ぎた女三人組が江戸から伊勢へ抜け詣り!」

小説家・朝井まかてさんの時代小説「ぬけまいる」が原作のドラマ「ぬけまいる~女三人伊勢参り」の放送が決定!



「ぬけまいる~女三人伊勢参り」のキャストやあらすじ、放送日や再放送情報を紹介します。



スポンサードリンク


ぬけまいる…とは?

まず、タイトルの「ぬけまいる」とはどういう意味なのか不思議に思ったので調べてみました。


「抜け参り」ぬけまいり  という言葉がありました。

一般庶民が親や奉公先から無断で抜け出しお伊勢参りをすること

なんだそうです。

江戸時代に流行ってたんだそうですよ。



「ぬけまいる~女三人伊勢参り」放送日や再放送、あらすじ

「ぬけまいる~女三人伊勢参り」放送日や再放送、あらすじを紹介します。


■放送日
2018年10月27日(土)スタート
毎週土曜 午後6時5分から6時43分(連続8回)
総合テレビ にて放送 

■再放送
月曜深夜(火曜午前)1時5分から
総合テレビ にて放送


「ぬけまいる」を見忘れた!という方、NHKオンデマンドにて動画配信されます。

NHKオンデマンドに加入するならU-NEXTをオススメします。

詳細はこちらから!
↓  ↓  ↓
NHKオンデマンドを視聴するならU-NEXTがオススメ!



あらすじ

一膳飯屋の娘、以乃(いの)。武家の妻、志花(しか)。小間物屋の女主人、蝶(ちょう)。
若い頃は「馬喰町の猪鹿蝶」と呼ばれブイブイ言わせた江戸の三人娘も三十路過ぎ。今ではそれぞれに人に言えない事情と鬱屈を抱えた三人、突如、仕事も家庭も放り出し、抜け詣りに繰り出した。抜け詣りとは、いきなり姿をくらまして伊勢詣りに行ってしまう当世の流行。いざ、女三人の東海道中膝栗毛、てんやわんやの女子旅が始まった。
こんなはずじゃなかった女三人がそれぞれに抱える悩みは、いずれも現代の私たちに通じるもの。そんな等身大の三人が次第に輝いて見える痛快女子旅。毎回訪れる土地で出会う豪華なゲストとともに、泣き笑いの旅のうち、幸せの物差しを見つめ直す。

第1話
放送日:2018年10月27日(土)午後6時5分
再放送:2018年10月30日(火)午前1時5分

一膳飯屋の娘、以乃(ともさかりえ)。武家の妻、志花(佐藤江梨子)。小間物屋の女主人、蝶(田中麗奈)。若い頃は「馬喰町の猪鹿蝶」と呼ばれブイブイ言わせた江戸の三人娘も三十路過ぎ。今ではそれぞれ人に言えない事情と鬱屈を抱える。ある日、仕事も家庭も放り出して、ひしゃく一つを手に突如伊勢を目指す、流行の抜け詣りに繰り出した。川崎の宿場で出会った旅の娘たちが、巡礼をかたり大人たちから寄付をせしめている行状を懲らしめるため風呂で大乱闘。ケンカも強い三人だが、翌朝には逆襲にあい、旅の前途に早くも暗雲が…。
引用元:https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/nukemairu/html_nukemairu_story.html



スポンサードリンク


「ぬけまいる~女三人伊勢参り」キャスト

小間物屋の女主人 お蝶
・・・田中麗奈
商才、目利きの才があるが、色香漂う浮気者。


一膳飯屋の娘 お以乃
・・・ともさかりえ
独身。勘が鋭く男前の自由人。


武家の妻 お志花
・・・佐藤江梨子
武家の奥方らしく凛とした美しさながら、昔は剣術の達人。


旅する青年 
・・・福士誠治
旅のあちこちで出会う気風のいい男。どうやら長五郎の連れらしいが…。


旅の女流し お凛
・・・大地真央
三味線片手のいなせな女だが、正体は…。


【ゲスト出演】

謎の旅人 長五郎・・・滝沢秀明(第3話)
風のようにあらわれた粋な男。清水湊(みなと)の米問屋の主と名乗るが…。

小間物屋の主 伊作・・・舘ひろし(第4・5話)
島田宿で出会う。商いの才はなく朝顔に夢中で女房に愛想をつかされるが…。

ほか



スポンサードリンク