男の操

2017年11月12日(日)スタートのプレミアムドラマ 「男の操」

浜野謙太さんが主演のドラマ「男の操」の劇中歌の作曲をつんくさんが担当するのだそうです。

浜野謙太さん主演ドラマ 「男の操」のキャストやあらすじ、つんくさんが担当する曲について紹介します。



スポンサードリンク


「男の操」あらすじ

原作は業田良家氏の漫画「男の操」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

男の操 (ビッグコミックススペシャル) [ 業田良家 ]
価格:699円(税込、送料無料) (2017/9/11時点)



妻を亡くした売れない演歌歌手・五木みさおは、男手ひとつで娘を育てながら、営業に苦戦する毎日。亡き妻に約束した「いつか紅白歌合戦に出場する!」という夢に向かって一人娘・あわれと2人で明るく奮闘する姿が描かれています。



つんく作曲で浜野謙太が紅白出場?

浜野謙太さんが演じる、主人公の売れない演歌歌手・五木みさおの持ち歌「男の操」(劇中歌)。

この「男の操」の作曲を担当したのは、つんくさんなんですよ!

「曲の担当は絶対につんくさんがいい」と、原作者の業田良家氏のご指名だったようです。


曲に関してつんくさんがコメントされています。

「この歌詞にはこの曲(メロディ)以外にありえないってほどぴったりのメロに仕上がったと自負しております。歌っていただく浜野さんもバンドマンだし、僕のイメージぴったりに歌っていただけること間違いなしですね!」
引用元:http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/30000/279216.html



ドラマ「男の操」では、浜野謙太さん演じる主人公・五木みさおが紅白出場を目指しますが、演じた浜野謙太さんが実際に「男の操」で紅白出場なんてことになったら、面白いですよね!

浜野謙太さんが劇中で歌う「男の操」は、12月6日からCDが発売中

佐藤隆太さん演じる面道保「たもつの恋」、永瀬匡さん演じる俵あきら「どっ恋しょ節」、倉科カナさん演じる河合純子「青春をプロデュース」、安達祐実さん演じる深情マリ「ハリウッド振っちゃう」も収録されています!

これはもしかして、もしかするかも…!!



そういえば、以前NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」に出演していた演歌歌手が、紅白に出場したことがありましたね。

1996年、NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」で河合美智子さんが演じていた演歌歌手・オーロラ輝子が、ドラマ内で歌っていた「夫婦みち」。

「夫婦みち」は実際にCD化され大ヒットとなり、1997年の「48回NHK紅白歌合戦」出場しています。

もしかすると、浜野謙太さんも五木みさお「男の操」で紅白出場なんてなるといいですね♪



スポンサードリンク


「男の操」キャスト

主人公
五木みさお / 浜野謙太
売れない演歌歌手。妻に先立たれ一人娘のあわれと共に紅白出場の夢に向かって日々営業を行っているが、売上が上がらない


みさおの亡き妻
五木純子 / 倉科カナ
人生どん底だったある日、無名の歌手だったみさおと出会い、結婚。病気によりこの世を去るが、「いつか必ず紅白に出る」という純子との約束は今もみさおの心を支えている。


みさおの娘
五木あわれ / 粟野咲莉
みさおの紅白歌合戦出場という夢をかなえるため、子供ながらに「男の操」をヒットさせるべく、パパ上とふたりでの営業にいつも全力で取り組む。


アパートの隣人
万田春子 / 川栄李奈
何やら訳アリの雰囲気だが、隣室から聞こえてくる歌声に笑顔を取り戻し、みさおとも心を通わせるようになる。


みさお親子のアパートの住人
小島冬美 / もたいまさこ
職業も、過去の来歴も、いっさいが不明の人物。いつも四字熟語しかしゃべらない、その理由もまったくの謎です…。


所属事務所の社長
深情マリ / 安達祐実
みさおが歌手として芽が出ないことにいら立ち、いつもきつい言葉をぶつける深情プロダクションの鬼社長。実は、彼女には隠された過去の真実があって…。


みさおの先輩歌手
面道保 / 佐藤隆太
みさおと同じく、演歌歌手としての成功にはまだ程遠いが、明るくて調子のいいその人柄には変わりがない。


若手演歌歌手
俵あきら / 永瀬匡
現在ブレイク中!アイドル的な人気で社長の期待を背負っているが、彼にも悩みがあることがやがて明らかに…。

※「男の操」公式HP引用・改変



「男の操」放送日

プレミアムドラマ 「男の操」

2017年11月12日(日)スタート(全7回)

毎週日曜 よる10:00~

BSプレミアムにて放送


「男の操」再放送と動画配信サービス



スポンサードリンク