清原果耶さんの初主演ドラマ「透明なゆりかご」が2018年7月20日スタート。

産婦人科を舞台としたドラマ「透明なゆりかご」。

この世に生を受けて誕生する赤ちゃんばかりではなく、様々な理由でこの世に生まれてこられなかった赤ちゃんがいることにもしっかりと向き合ったドラマのようです。

ドラマ「透明なゆりかご」のキャストやあらすじ、原作や放送日や再放送情報を紹介します。



スポンサードリンク


ドラマ「透明なゆりかご」放送日・再放送・あらすじ

2018年7月20日(金)スタート <連続10回>

毎週金曜 夜10時から10時44分

NHK総合にて放送



ドラマ「透明なゆりかご」を見逃した!見られない!という方…。

動画配信で見ることが可能です。

詳細はこちらから!
NHKオンデマンドを視聴するならU-NEXTがオススメ!



第5回「14歳の妊娠」
放送日:2018年8月17日(金)よる10時
再放送:2018年8月22日(水)午前1時30分(火曜深夜)

ある日アオイ(清原果耶)は、自分の後ろをぴったりついてくる男の子に気づく。問いただすと、由比産婦人科へ行くのだと言う。その由比産婦人科では、由比(瀬戸康史)が榊(原田美枝子)に「これからの分娩は大きな病院に任せるべきかも知れない」と打ち明けていた。「先生らしくもない」と、反論する榊。二人の脳裏に、かつて自分たちが担当した、14歳で妊娠した少女・真理(花田優里音)と母・弘子(長野里美)の姿が蘇る…。
引用元:http://www.nhk.or.jp/drama10/yurikago/html_yurikago_story.html



第4回「産科危機」
放送日:2018年8月10日(金)よる10時
再放送:2018年8月15日(水)午前1時30分(火曜深夜)

真知子(マイコ)の分娩が始まった。無事に女の子を出産し、夫の陽介(葉山奨之)は感激のあまり言葉も出ない。だが由比(瀬戸康史)は、真知子の体調の異変にいち早く気づいていた。出血がなかなか収まらず、意識も低下。榊(原田美枝子)、紗也子(水川あさみ)らも加わって必死の処置をするが、由比は大学病院への搬送を決意。救急車で運ばれてゆく真知子を、アオイ(清原果耶)はなすすべもなく見送る。そして…。
引用元:http://www.nhk.or.jp/drama10/yurikago/html_yurikago_story.html


第3回「不機嫌な妊婦」
放送日:2018年8月3日(金)よる10時
再放送:2018年8月8日(水)午前1時30分(火曜深夜)

アオイ(清原果耶)は恐れおののいていた。妊婦の安部さおりさん(田畑智子)はいつも不機嫌で、アオイが些細なミスをするたびに激怒してののしり、由比(瀬戸康史)が診察で「特に問題ありませんよ」と言っても信用しようとしない。そんな折り、アオイは看護学校の実習で市民病院へ行くことに。安部さんから離れ、のびのびと励むアオイだったが、そこのある病室で、安部さんが悲しそうな顔で誰かに付き添っているのを目撃する…。
引用元:http://www.nhk.or.jp/drama10/yurikago/html_yurikago_story.html


第2回「母性ってなに」
放送日:2018年7月27日(金)よる10時
再放送:2018年8月1日(水)午前1時30分(火曜深夜)

アオイ(清原果耶)は、出産直後の赤ん坊が医院の表に捨てられているのを発見する。由比(瀬戸康史)らの必死の処置で赤ちゃんは一命を取りとめ、アオイがお世話をすることに。その愛くるしさにアオイは知らず知らず愛情を抱いていくが、紗也子(水川あさみ)に「あまり入れ込まない方が」とたしなめられる。一方、里佳子(平岩紙)という妊婦が、妊娠を継続すべきか悩んでいた。彼女は、無理に出産すれば失明する恐れがあって…。
引用元:http://www.nhk.or.jp/drama10/yurikago/html_yurikago_story.html


第1回「命のかけら」
放送日:2018年7月20日(金)よる10時
再放送:2018年7月25日(水)午前1時30分(火曜深夜)

1997年・夏。アオイ(清原果耶)は看護師見習いとして「由比産婦人科」へやって来た。いきなり中絶手術の現場を目撃して衝撃を受けるが、はじめて出産にも立ち会い、産まれて来る赤ちゃんの生命力に心を揺さぶられる。院長の由比(瀬戸康史)、看護師の紗也子(水川あさみ)・榊(原田美枝子)らが妊婦ひとりひとりに向き合う中、田中さん(安藤玉恵)という女性が訪れる。彼女はいわゆる未受診妊婦で、出産直後に失踪してしまう…。
引用元:http://www.nhk.or.jp/drama10/yurikago/html_yurikago_story.html



スポンサードリンク


ドラマ「透明なゆりかご」原作

原作は漫画家・沖田×華(おきた ばっか)さんの「透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記」

沖田さんが産婦人科院の見習い看護師として働いていた経験を基に描かれた作品です。

ちょっと抜けた(?)個性的な絵柄から幸せな赤ちゃん誕生とその家族、病院のスタッフたちのことが描かれていると思いきや、全くの正反対で、重い内容の描写となっています。


「透明なゆりかご」を読んだ人の感想…。




「透明なゆりかご」はハツキス(講談社)にて連載中で、単行本は6巻まで発売されています。










ドラマ「透明なゆりかご」キャスト

主人公 青田アオイ
・・・清原果耶
アルバイトの看護師見習い。コミュニケーション下手だが、独特の感受性と真っ直ぐな心根の持ち主。


由比産婦人科の院長 由比朋寛
・・・瀬戸康史
大学病院に勤めていたが、思うところあり30代半ばで開業。一見淡々としているが、妊婦たちにとても丁寧に向き合う。


アオイの母 青田史香
・・・酒井若菜
夫とは離婚して、アオイと二人で暮らしている。幼少のアオイは勉強ができず周囲にもなじめなかったため、厳しく接して来た。今でも娘とはどことなく距離感がある。仕事は保険外交員。


先輩看護師 望月紗也子
・・・水川あさみ
アオイにちょっと厳しいところもあるが、頼りになる先輩。結婚しているが、自身が子どもを持つかどうかは悩んでいる。


看護師長 榊 実江
・・・原田美枝子
おだやかな物腰で、看護師たちをとりまとめている。由比とは、大学病院に勤務していた頃からのコンビ。


町田真知子
・・・マイコ
沖縄出身の妊婦さん。アオイのよき相談相手となる。いよいよ分娩に臨んだ日、体調が急変する。


真知子の夫 町田陽介
・・・葉山奨之
塗装工をしている 。優しい性格だが、ちょっと頼りないところがある。少しずつ、父親としての自覚を育んでいく。

第5話ゲスト出演
北野真理
・・・花田優里音
14歳で妊娠。男に逃げられるが、産むと言って聞かない。

北野弘子
・・・長野里美
真理の母。娘の妊娠に狼狽し、由比と話し合いを重ねる。

由比産婦人科へ向かう女性
・・・清水くるみ


第3話ゲスト出演
安部さおり
・・・田畑智子
ある事情で大きな病院から転院して来た。アオイの些細なミスに激怒する。


第2話ゲスト出演
菊田里佳子
・・・平岩紙
妊娠したものの、持病が悪化する恐れあり。断念しようとするが…。

中本千絵
・・・蒔田彩珠
高校生。ある秘密とともに由比産婦人科を訪れる。


第1話ゲスト出演
田中良子
・・・安藤玉恵
アオイが初めて出会った妊婦さん。産気づくまで、健診を受けず母子手帳も持っていなかった。



スポンサードリンク