奥田英朗さんの小説「我が家の問題」がNHKにてドラマ化!

1話完結の全4話の放送なのですが、各話とも内容が違い登場人物も違います。

しかし、4話とも若妻を演じるのは女優・水川あさみさん。

水川あさみさんがそれぞれ違う妻を演じます。

NHKドラマ「我が家の問題」のあらすじ、キャスト、奥田英朗さんの原作も紹介します。



スポンサードリンク


「我が家の問題」放送日

2018年2月4日(日)スタート

毎週日曜 よる10時から10時49分(全4回)

BSプレミアム にて放送


NHKドラマ「我が家の問題」再放送情報


「我が家の問題」あらすじ、キャスト

全4話とも妻を演じるのは、水川あさみさんです。

水川あさみさんが1人4役に挑戦です!


第1話「夫とUFOに悩む妻」
放送日:2018年2月4日(日)よる10時から10時49分
美奈子役:水川あさみ
夫・達生役:小泉孝太郎
美奈子(水川あさみ)の夫・達生(小泉孝太郎)がある日、会社からの帰宅途中、UFOを見たと言い出す。美奈子はUFOが本当にいるとは思えないが、翌日、達生の机の引き出しにUFO関連の資料が多数あることを発見。帰宅した達生に、本当に見たのか問いただす。すると達生は、帰り道の水辺の公園でUFOを見た時のことを詳細に話し出し、あっけにとられた美奈子は、夫の異変に我が家の危機を感じ始め・・・。
引用元:http://www.nhk.or.jp/pd/wagaya/html_wagaya_story.html



第2話「仕事ができない夫に悩む妻」
めぐみ役:水川あさみ
夫役:大谷亮平
夫の社内野球大会に行った妻のめぐみは、仕事のことで夫が野次られるのを聞き、将来が不安に・・・。



第3話「初めての里帰りに悩む妻」
沙代役:水川あさみ
夫役:勝地涼
キャリアウーマンの沙代は、結婚後初めての長期休暇。同居を迫る義父とどう対峙するか悩むが・・・。



最終回「甘い生活?に悩む妻」
昌美役:水川あさみ
夫役:小池徹平
新婚の昌美は、まめにメールして、豪勢な手づくり料理で夫を喜ばせようとするが、夫は独身病で・・。



スポンサードリンク


奥田英朗が原作!

ドラマ「我が家の問題」の原作は、小説家・奥田英朗さんの日本の短編小説。

2009年から2011年にかけて「小説すばる」に掲載された後、2011年に単行本として集英社から刊行されました。

奥田英朗さんの小説でドラマ化されているものは「我が家の問題」だけではないんですよ。

・2001年
「最悪」主演:沢田研二

・2005年
「空中ブランコ」主演:阿部寛

・2007年
「真夜中のマーチ」主演:玉山鉄二

・2011年
「Dr.伊良部一郎」主演:徳重聡

・2013年
「オリンピックの身代金」主演:竹野内豊

・2015年
「邪魔〜主婦が堕ちた破滅の道」主演:石田ひかり

・2016年
「ナオミとカナコ」主演:広末涼子、内田有紀


多くの作品がテレビドラマ化されています。


奥田英朗さんの小説「我が家の問題」を読んだ人の感想を紹介します。

・ここにある短編は何らかの形で「各家庭」にころがっている問題です。とても面白く、また身につまされて読みました。
・既婚者には共感できるエピソードがきっとあるはず。奥田作品は読みやすいので普段本を読まない人にもオススメです。
・結婚して数年経った方(我が家のような)には是非読んで頂きたいです。色々な部分に共感できると思います!



スポンサードリンク