2017年10月2日にスタートした朝の連続ドラマ小説「わろてんか」。

10月4日の放送で、千葉雄大さんが演じているヒロイン・てんの兄の新一の、持病の喘息がひどくなり、安静にするようにとお医者様から告げられていました。

新一はとても優しくて、てんの良き理解者で頭の良い最高のお兄ちゃんなのですが、ちょっと病弱のようなんです。

何だかこの流れ…。

まさか新一が「病死」なんてことになったりしないでしょうね…。

新一の病状がとても気になったので調べてみました。

ネタバレになるので要注意です!



スポンサードリンク


てんの兄を演じるのは千葉雄大さん!

朝ドラ「わろてんか」でヒロイン・てんの兄、新一を演じているのは俳優の千葉雄大さんです。

とてもとても優しい兄で、てんの良き理解者。

そしてとても頭が良いんです。

まん丸眼鏡の奥で優しく微笑む瞳は、朝からとても癒やされます。





新一は子供の頃から病弱だったので、将来はどんな病気でも治せる薬を開発したいと留学も考えているステキな青年です。

そんな新一を演じているのは、俳優・千葉雄大さん。

個人的に千葉雄大さんといえば、年上の女性に振り回されたり、ちょっとチャラい営業マン…といった役柄のイメージなのですが、今回の新一役の千葉雄大さんもとてもピッタリな役どころですよね。

本当に癒される存在です。




新一の年齢は?

千葉雄大さんが演じている、藤岡新一の年齢ですが17歳の設定のようです。

そして千葉雄大さんの実年齢は28歳(2017年10月現在)

1989年3月9日生まれ28歳の千葉雄大さんが、17歳の学生を演じているとは…!!




スポンサードリンク


新一は病死するのか?

10月4日放送の「わろてんか」で、落ち着いていた新一の持病の喘息がぶり返し、安静にするようにとお医者様から告げられていました。

学校もしばらく休学するようにと言われ、進学・留学を考えている新一を心配していた母のしず(鈴木保奈美)さん。


この展開ってもしかして、もしかする…?

まさか、新一が病死なんてことになったりしないでしょうね。

多くの視聴者からも心配している声が聞かれました。


・天に召されちまうんじゃないかと不安になってしまう
・今にも 消え入りそうなんだけど
・兄の新一役・千葉雄大が早く死にそう


やはり、新一の病状を気にしているのは私だけではなかったようです。

となると、今後の新一がどうなるのか気になります。


ここからは、ネタバレですので要注意です!


結論から言うと、残念なことに新一は他界してしまいます。

新一は、藤岡屋に訪れた危機をなんとかしようと無理をし倒れてしまいます。

お医者様からは手の施しようがないと告げられ、父・儀兵衛は自分を責め立てます。

新一はてんに「お父はんを笑わせてくれ」と頼み、儀兵衛が「笑いは人を幸せにする薬なんやな」と気付いた後日、他界してしまいます。

新一は「わろてんか」第2週で他界。

千葉雄大さんの出演も第2週までということでしょうか…?

とても残念ですね。



スポンサードリンク