NHK連続ドラマ小説「わろてんか」でヒロイン・てんが、将来夫となる藤吉と薬祭りで初めて出会うシーンが滋賀県で撮影されました。

わろてんかの滋賀のロケ地、薬祭りで藤吉との出会いのシーンについて紹介します。



スポンサードリンク


わろてんか ロケ地・滋賀で薬祭り

京都で年に1回行われる京都の薬祖神祠「薬祭り」のシーンは滋賀県にある油日神社で行われました。

普段は静かな神社なのですが、祭りのロケとあって、紅白幕が張られたり、出店が立ち並び、寄せ小屋まで出現。

さらに多くのエキストラのお陰でとても賑やかな祭りのシーンが撮影できたようです。



滋賀県甲賀市甲賀町油日「油日神社」


藤吉との出会いのシーン

ヒロイン・てんが初めて藤吉と出会った場所は薬祭りが行われている神社の参道でした。

風太に誘われ旅芸人一座の寄席をこっそり覗いていたてんと風太でしたが、木戸番に見つかり逃げ回っていると、奇妙な2人組に出会います。

この2人組の1人が、籐吉でした。


籐吉のアクションシーン

「わろてんか」第3週で神社での籐吉のアクションシーンがあります。

この神社も滋賀県にある油日神社で行われました。

籐吉の旅仲間のキースが悪い男たちに追われ、籐吉も巻き込まれて乱闘となってしまいます。

かなり念入りに打ち合わせを行い、迫力のあるアクションシーンが撮影できたようですよ。



その他のロケ地情報
京都で高橋一生の目撃情報!



スポンサードリンク