NHK土曜ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」で、俳優・神木隆之介さんが初めての弁護士役ということで話題になっているようです。




「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」…タイトルが長いのですが、「やけ弁」とでも略されたりするのでしょうか?

NHK土曜ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」のキャストやあらすじ、原作・放送日などを紹介します。



スポンサードリンク


ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」放送日とあらすじ

2018年4月21日(土)放送スタート(全6回)

毎週土曜 夜8:15〜8:43

NHK総合にて

新人弁護士・田口章太郎(神木隆之介)は青葉第一中学の校長室にいた。今春から導入された「スクールロイヤー制度」で、弁護士事務所のボス・高城(南 果歩)から派遣されたのだ。対面しているのは、娘が体罰を受けたと学校に抗議してきた保護者である。「学校を訴える!」と言って聞かない保護者に対し、田口は「あなたの行為は『威力業務妨害』にあたる」と言い切り、見事に追い返す。校長の倉守(小堺一機)は事なきを得たと上機嫌だが、教務主任の三浦(田辺誠一)は田口のやり方に反発する。「学校には学校のルールがある」と主張する三浦は、生徒からも保護者からも信頼の厚い、教師の手本のような人物である。

それから数日後、体罰問題は思わぬ事態へと発展する。田口の態度に腹を立てた保護者が1枚の文書を学校に送りつけてきたのだ。そこには担任教師・望月(岸井ゆきの)が体罰を行った事実を認める文言と署名があった。保護者に呼び出された望月があろうことか、言われるがままに署名してしまったのだ。

スクールロイヤー・田口章太郎はこの問題をどのように解決に導くのか? 答えのない学校問題と格闘する日々が始まっていた――。

最終回あらすじ
放送日:2018年5月26日(土) よる8時15分から8時43分

いじめを苦に自殺未遂を起こした未希(森七菜)は田口(神木隆之介)と話し合い、加害者生徒4人と学校を訴える決意を固める。これに対し校長の倉守(小堺一機)は高城(南果歩)に学校側の代理人になることを要請。田口は未希の代理人を弁護士仲間の小柴(井上順)に頼み、自身はスクールロイヤーの立場でこの訴訟に立ち会うことを決める。いよいよ学校を相手取った交渉が始まるが、その過程でいじめの新たな事実が判明する・・・。
引用元:「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」公式HP


第5回あらすじ
放送日:2018年5月19日(土) よる8時15分から8時43分

田口(神木隆之介)がスクールロイヤーを務める青葉第一中学で自殺未遂事件が起こる。教室から飛び降りた生徒・山下未希(森七菜)は一命を取り留めたものの、その口を固く閉ざしていた。三浦(田辺誠一)は彼女が必死に伝えようとしていたサインを見逃していたのではないかと自分を責め、田口とともにいじめ調査に乗り出す。二人は行方不明になっていたスマホを発見するが、そこには衝撃的な動画が残されていた・・・
引用元:「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」公式HP


第4回あらすじ
放送日:2018年5月12日(土) よる8時15分から8時43分

三浦(田辺誠一)が不登校生徒の対応に当たっていると聞いた田口(神木隆之介)は、突然この生徒の家庭を訪問する。スクールロイヤーとして法的対処が必要になるケースだと考えたからだ。理不尽な校則がこの生徒の不登校の原因であることを知った田口は、職員会議でブラック校則の見直しを提案する。全校生徒を巻き込んで新しい校則作りを進める田口と三浦だったが、その裏では新たな問題が芽生えていた・・・
引用元:「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」公式HP


第3回あらすじ
放送日:2018年5月5日(土) よる8時15分から8時43分

理科教師の宇野(佐藤隆太)が顧問を務めるバドミントン部の練習中に事故が発生。被害者生徒の保護者は弁護士を雇い、学校側の過失を追及する。田口(神木隆之介)はスクールロイヤーとして対応にあたるが、過去の判例では学校側に圧倒的に不利な判決が多いことを知り愕然とする。教務主任の三浦(田辺誠一)は事故が起こったときの新たな事実を知り、校長の倉守(小堺一機)に報告。事態を収束させたい倉守は事故の責任を宇野一人に押し付けようとする。納得のいかない田口がとった意外な行動とは!?
引用元:「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」公式HP


第2回あらすじ
放送日:2018年4月28日(土) よる8時15分から8時43分

青葉第一中学の職員室に新たなクレームの電話が入る。近隣の住民・長沼(渡辺哲)は吹奏楽部の練習音がうるさいせいで体調を崩したと主張。騒音被害で訴えると言い張る。倉守校長(小堺一機)の要請で現場に赴いた田口(神木隆之介)はスクールロイヤーとしてこのトラブルに対処するが、その過程で教師たちのブラック労働の実態を目の当たりにする。深夜におよぶ残業を当たり前のようにこなす教師たち。その中には突然バドミントン部の顧問を任されることになった理科教師・宇野(佐藤隆太)の姿もあった。教師の異常な勤務実態に、スクールロイヤー田口が立ち向かう。
引用元:「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」公式HP


第1回あらすじ
放送日:2018年4月21日(土) よる8時15分から8時43分

新人弁護師・田口章太郎(神木隆之介)は青葉第一中学の校長室にいた。今春から導入された「スクールロイヤー制度」で、弁護士事務所のボス・高城(南果歩)から派遣されたのだ。担任の望月(岸井ゆきの)から娘が体罰を受けたと抗議をしてきた保護者・水島(堀内敬子)に対し、田口は「あなたの行為は『威力業務妨害』にあたる」と言い切り、見事に追い返す。校長の倉守(小堺一機)は事なきを得たと上機嫌だが、教務主任の三浦(田辺誠一)は田口のやり方に反発する。それから数日後、体罰問題は思わぬ事態へと発展することになる。
引用元:「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」公式HP



ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」原作

ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」はオリジナル作品

脚本を担当したのは、2014年フジテレビで放送されたドラマ「ラストホープ」で第2回市川森一脚本賞に輝いた浜田秀哉さんです。

最近では2017年放送のドラマ「相棒 season16」の第5話「手巾(ハンケチ)」、第6話「ジョーカー」の脚本を担当されました。



スポンサードリンク


ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」キャスト

新人弁護士
田口章太郎
・・・神木隆之介
スクールロイヤーとして青葉第一中学に派遣されるが、筋金入りの「学校嫌い」。おかしいことをそのままにしておけない、まっすぐな性格。まだ法廷に立ったことがない。


高城法律事務所の所長
高城英子
・・・南 果歩
企業法務の分野で着実に実績を重ね、30代で独立。学校嫌いの部下・田口をあえてスクールロイヤーとして派遣する。


青葉第一中学の教務主任
三浦雄二
・・・田辺誠一
教師生活25年目のベテランで、生徒や保護者からの信頼が厚い。スクールロイヤーの田口章太郎と激しく対立する。


担任教師
望月詩織
・・・岸井ゆきの
教師になって3年目の新人教師。体罰があったと保護者・水島真紀子からから抗議され悩む。


青葉第一中学の校長
倉守賢三
・・・小堺一機
トラブルを嫌う事なかれ主義。ある野心を抱えている。


理科教師・3年3組の担任
宇野浩平
・・・佐藤隆太
吹奏楽部の副顧問。脱サラをして教師の道を志す。生徒や保護者には言えないある秘密を抱えている。


ベテラン英語教師
駒井朋子
・・・濱田マリ


ベテラン教師
曾根崎啓介
・・・菅原大吉
部活など面倒な仕事を避けたがる。


※第3回(5月5日)から登場
謎の老弁護士
小柴三郎
・・・井上順
田口のピンチを救う!?



※第1回(4月21日)ゲスト出演
モンスターペアレント
水島真紀子
・・・堀内敬子
娘が担任教師に体罰を受けたと学校に乗り込んでくる。



※第2回(4月28日)ゲスト出演
青葉第一中学の近隣住人
長沼正夫
・・・渡辺哲
吹奏楽部の音がうるさいと騒音被害を訴える。



※第5回(5月19日)ゲスト出演
山下久恵
・・・須藤理彩
娘の未希がクラス内でいじめのターゲットになっている。

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)再放送と動画配信情報!



スポンサードリンク