NHK「よるドラ」第5弾・ドラマ「伝説のお母さん」の放送が決定しました。

主演は前田敦子さん。

出産後初の主演となります。

ドラマ「伝説のお母さん」の放送日や再放送日、キャストやあらすじ、原作などを紹介します。


スポンサードリンク

ドラマ「伝説のお母さん」放送日・再放送日・あらすじ

■放送日
2020年2月1日(土)スタート(全8回)
毎週土曜 よる11時30分から11時59分
NHK総合にて

■再放送
NHK総合にて毎週土曜日の午前1時10分から1時39分(金曜深夜)に再放送を予定。

「伝説のお母さん」が見られない!見忘れた!という方…
NHKオンデマンドにて配信されてます。

NHKオンデマンドに登録する際は、動画配信サービス「U-NEXT」からの登録をオススメします。

日本最大級の動画サービス「U-NEXT」は、NHKで放送された番組はもちろん、映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、楽しめる動画サービスです。

詳しくは、こちらから。
↓  ↓  ↓




第4回「ただの結婚ではないようだ」
放送日:2020年2月22日(土)夜11時30分から11時59分
再放送:2020年2月29日(土)午前1時10分から1時39分(金曜深夜)
メイ(前田敦子)たち伝説のパーティは、僧侶・クウカイ(前原瑞樹)と戦士・ポコ(片山友希)がまもなく結婚するというサプライズ発表に沸いていた。しかし「子どもはいらない」とポコが宣言したことで、ふたりの関係に暗雲が漂う。「結婚=出産」という常識に縛られ、戦士としてのキャリアを失いたくないというポコ。しかしクウカイは、代々一子相伝の魔法を継承してきた両親の期待に応えようとしていた。一方、魔界に寝返った勇者のマサムネ(大東駿介)はかつて戦った魔王(大地真央)と再び対面するが、そこで意外な事を告げられる。
引用元:ドラマ「伝説のお母さん」公式HP

第3回「働“け”ざる者たち」
放送日:2020年2月15日(土)夜11時30分から11時59分
再放送:2020年2月22日(土)午前1時10分から1時39分(金曜深夜)
子連れで冒険に出たものの失敗が続き、落ち込むメイ(前田敦子)。士官・カトウ(井之脇海)は、メイの子育て問題を先に解決するよう国王(大倉孝二)に直訴しようと提案する。しかし、逆に国王から弱みを突かれ、メイたちは魔王討伐を急ぐよう言い含められる。また、シーフ(盗賊)・ベラ(MEGUMI)が一時パーティから抜け、盗賊会社の仕事に戻ることに。ひとりで幼い息子を育てるベラは、責任ある仕事を任せてもらえず悩んでいた。ベラが仕事に集中できるよう息子のベルを預かったメイは、ベルが夫のモブ(玉置玲央)よりはるかにうまく家事をこなす姿に目を見張る。
引用元:ドラマ「伝説のお母さん」公式HP

第2回
放送日:2020年2月8日(土)夜11時30分から11時59分
再放送:2020年2月15日(土)午前1時10分から1時39分(金曜深夜)
メイ(前田敦子)は、魔王討伐に招集されたものの子供の預け先が見つからず、子連れで冒険に出てしまう。仲間のシーフ(盗賊)・ベラ(MEGUMI)は戦場に赤ちゃんを連れてきたメイを叱りつつ、「育児に当事者意識を持つべき」とメイの夫・モブ(玉置玲央)の頼りなさに憤る。平謝りするメイに、「この状況で魔王に勝利したらかっこよくないすか?」と僧侶・クウカイ(前原瑞樹)が加勢、リーダーのマサムネ(大東駿介)も冒険を継続すると決め、「お前は“伝説のお母さん”になれ。」とメイに告げる。一方、魔王(大地真央)は人間たちの抱える問題を研究、次なる攻撃を考えていた。
引用元:ドラマ「伝説のお母さん」公式HP

第1回
放送日:2020年2月1日(土)夜11時30分から11時59分
再放送:2020年2月8日(土)午前1時10分から1時39分(金曜深夜)
伝説の魔法使い・メイ(前田敦子)のもとに国王(大倉孝二)が士官・カトウ(井之脇海)をつかわす。復活した魔王(大地真央)に国境の町が攻め落とされ急速に領土が侵されつつあるらしく、再び討伐の旅へ出てほしいというのだ。しかし今のメイは8か月の子を抱え、ワンオペ育児に奮闘する母親。夫のモブ(玉置玲央)は頼りなく、保育所にも空きはない。悩んだメイは思い切ってモブに子を託し、伝説のパーティ再結成の祝賀会に参加する。再会の喜びに沸くメンバーたちだったが、それぞれ悩みを抱えていて、魔王討伐は明らかに前途多難だった…。
引用元:ドラマ「伝説のお母さん」公式HP



ドラマ「伝説のお母さん」原作

ドラマ「伝説のお母さん」は、待機児童を抱える母親の活躍や苦悩が描かれたかねもとさんの同名マンガが原作。


かねもとさんがWeb上で発表したもので、単行本は全1巻が発売中。

2019年11月8日よりダ・ヴィンチニュースで、続編「伝説のお母さん つづきから」がスタートします。



ドラマ「伝説のお母さん」キャスト

ドラマ「伝説のお母さん」の主演に前田敦子さん。

2019年3月に男の子を出産し、出産後初のドラマ主演となります。

家事に育児に冒険に奮闘する母親役を演じる前田敦子さん。

他人事とは思えないリアルな役どころに、今だからこそ挑戦したいとやる気十分のようです。

■キャスト

伝説の魔法使い メイ
・・・前田敦子
かつて魔王を封印した史上最強の魔法使い。現在はワンオペ家事育児と戦う毎日。ひとり娘のさっちゃん(0歳8か月)を抱え、初めての子育てに奮闘している。「家事育児はお母さんの仕事」という思いが強く、一緒に子育てしてくれない夫のモブにも強く言えない。

メイの夫 モブ
・・・玉置玲央
行き当たりばったりでゲームとごろ寝が大好きだが「男は一家の大黒柱」という思いも強く、メイに対してコンプレックスを隠し持っている。娘のさっちゃんのことは可愛がっているが、うんちのオムツは変えられない。おだてに弱く、人が良い。

国王に仕える士官 カトウ
・・・井之脇海
国王に仕える若き士官。実直な仕事ぶりで人望も厚い。10年前の魔王侵攻の際、メイに家族を救ってもらった過去がある。冒険と育児の両立に悩むメイを支えようと奔走するが、国王の無茶ぶりに振り回され、いつも苦労が絶えない。

伝説の勇者 マサムネ
・・・大東駿介
イクメン。勤務先の商社では男性の育休第1号となったが、社内の風当たりは強く、疲弊している。リーダーっぽい決めゼリフを試みるが、根がテキトーなため、大していいことは言えない。モブとは実は悪友同士。もうすぐ第2子が生まれる。目立ちたがり屋で持ち歌を持っている。

伝説のシーフ(盗賊)ベラ
・・・MEGUMI
あらゆる情報に精通し、世界を見通す。夫と離婚し、ひとりで8歳の息子ベルを育てている。完全男社会な盗賊会社(社是は「一日一盗」)でマミートラックと戦うワーキングマザーでもある。マイペースなパーティメンバーをまとめる裏ボス的存在。

伝説の戦士 ポコ
・・・片山友希
巨人の鉄槌が如き大剣を振り下ろす。幼いころから誰より強くなろうと努力を重ねて、10年前の魔王討伐では最年少でパーティ入り。普段は酒場で用心棒兼アルバイトをしている。常識にとらわれずマイペースだが芯のある性格。お酒好き。

僧侶 クウカイ
・・・前原瑞樹
今回新たにパーティに加わった。神の声を聴き、傷を癒す。調子のいい後輩キャラで、憎めない。当初は「子育ては女の仕事」と家父長制の申し子みたいな発言を繰り出すが、子育て中のメンバーやポコと行動を共にすることで、少しずつ変わっていく。

国王
・・・大倉孝二
メイたちの国を統治する王さま。「私、偉い?」が口癖で、士官のカトウや3人の大臣たちをいつも困らせている。子育て政策には無関心。自国にラグビー世界大会を招致するのが夢。テキトーなようで、たまに鋭い発言をする。

メイとモブの娘 さっちゃん(さつき)
・・・岡部明花俐 岡部光花俐
生後8か月で、メイとともに冒険に出ることになる。最近、ハイハイとつかまり立ちを覚えて得意顔をする。柔らかい食パンとたまごボーロが大好き。

魔王
・・・大地真央
魔界を支配する王。侵略のため人間を研究するも、魔族は雌雄同体であるため、「男だから」「女だから」という概念が理解できない。人間界の「ショウシカ」「ワンオペ」「タイキジドウ」に付け入った奇策を弄する。「…愚かな人間どもめ」「人間は複雑怪奇だ…」が口癖。

側近
・・・村上新悟
長年魔王に仕える右腕。10年前メイたちに魔王を封印されたことに忸怩たる思いを抱き、復活に尽力した。日々人間研究に勤しみ、人間社会の矛盾や弱点を、非常に良い声でプレゼンする。いつもクールだが、緻密な作戦を実行し、魔王を驚かせることが密かな喜び。

魔界のおにいさん、おねえさん
・・・小林よしひさ 上原りさ
体操とうたが得意な魔界のタレント。子どもたちとその親から絶大な人気を誇る。おにいさんはサンバイザー、おねえさんはポニーテールがトレードマーク。魔王が人間界について学ぶためのDVDシリーズに登場する。

その他情報がわかり次第追記します。


スポンサードリンク