ドラマ「モンローが死んだ日」

素敵な大人の恋愛を鈴木京香さんと草刈正雄さんが

大人の純愛ミステリーということなので、ゆっくりと楽しめるドラマなのではないでしょうか?

ドラマ「モンローが死んだ日」の放送日と再放送、キャストやあらすじ、原作などを紹介します。




スポンサードリンク


「モンローが死んだ日」放送日・再放送・あらすじ

見逃した!見られなかった!方、NHKオンデマンドで動画配信されます。

NHKオンデマンドは、U-NEXTからの登録がおススメ!

詳細はこちらから確認できます!
↓  ↓  ↓





最終回「モンローの真実」
BSプレミアム
放送日:2019年1月27日(日)よる10時
再放送:2019年2月3日(日)午後4時30分

BS4K
放送日:2019年1月23日(水)よる8時25分

鏡子(鈴木京香)は横浜の病院に高橋(草刈正雄)を訪ねていくが、思いもかけないことが鏡子を待っていた。自分を治療し、愛してくれた高橋とは、何者だったのか? 鏡子は大きな戸惑いの中にいたが、高橋と再び会うために、彼の思い出の島に向けて旅立つことを決意する。はたして鏡子と高橋は、さいごに何にたどり着くことになるのか?
引用元:https://www.nhk.or.jp/pd/monroe/html_monroe_story.html


第3回「秘密」
BSプレミアム
放送日:2019年1月20日(日) よる10時
再放送:BSプレミアム 1月27日(日) 午後4時30分

BS4K
放送日:2019年:1月16日(水) よる8時25分

鏡子(鈴木京香)と高橋(草刈正雄)は恋の時間を過ごすようになっていた。だが鏡子は、高橋が勤める横浜の病院に美緒(佐津川愛美)という謎めいた女性の患者がいることなど知る由もなかった。ある日、鏡子は自宅で高橋が忘れていったネックレスを見つける。そのネックレスには「M」のイニシャルが入っていた。そして、鏡子と高橋の関係が大きく変わる出来事が…。
引用元:https://www.nhk.or.jp/pd/monroe/html_monroe_story.html


第2回「光と影の恋」
BSプレミアム
放送日:2019年1月13日(日)よる10時
再放送:2019年1月20日(日)午後4時30分

BS4K
放送日:2019年1月9日(水)よる8時25分

鏡子(鈴木京香)のもとに、精神科医・高橋(草刈正雄)が突然やってきた。すでに鏡子の治療は終わっているのにもかかわらず…。高橋は鏡子を気づかい、また近いうちに来ると言い残して去っていった。鏡子は高橋にまた会えるその日を待ちながら、それからの日々を過ごす。しかし、高橋には鏡子の知らない顔があった。鏡子がもう高橋は来ないかと思い始めたころ、高橋は…。
引用元:https://www.nhk.or.jp/pd/monroe/html_monroe_story.html


第1回「光をくれた医師」
BSプレミアム
放送日:2019年1月6日(日)よる10時
再放送:2019年1月13日(日)午後4時30分

BS4K
放送日:2019年1月2日(水)よる8時25分

夫に病気で先立たれ、軽井沢に近い花折町で孤独に暮らす幸村鏡子(鈴木京香)。ある日、買い物中にパニック症状を起こした鏡子は、友人の康代(麻生祐未)からクリニックの精神科の受診を勧められる。診察に対応したのは高橋(草刈正雄)という医師。横浜の病院の勤務医だが、週の後半だけこの町のクリニックで非常勤で診察をしているという。彼と話すうちに鏡子は心の安らぎを徐々に取り戻し、そしてある日…。
引用元:https://www.nhk.or.jp/pd/monroe/html_monroe_story.html



「モンローが死んだ日」原作

ドラマ「モンローが死んだ日」の原作は、小説家・小池真理子さんの作品「モンローが死んだ日」です。

「モンローが死んだ日」がドラマ化されるということで、小説を手に取った多くの人が、人物や風景、状況の描写がとても心地よく、とてもきれいという感想を持った方が多いようです。

そして、とても面白く、楽しくさらっと読めたという方も…。




スポンサードリンク


「モンローが死んだ日」キャスト

幸村鏡子
・・・鈴木京香
軽井沢に近い花折町にひとりで暮らし、地元の文学記念館の雇われ管理人をしている。心の不調を感じ、友人の康代の勧めで受診した花折クリニックで精神科医の高橋と出会い、恋が始まるが…。


高橋智之
・・・草刈正雄
横浜の病院に勤務しながら、週の後半だけ花折町に来て花折クリニックの非常勤医師をしている。鏡子と運命的に出会い、ふたりは恋仲になるが、ある大きな秘密が彼にはあって…。


鏡子の友人 谷川康代
・・・麻生祐未
鏡子のことをいつも気にかけ、飾ることなく彼女に接している。


高橋美緒
・・・佐津川愛美
横浜の病院で、高橋が担当する入院患者。やがて物語を大きく動かす存在となっていく。


平井昌夫
・・・宇崎竜童
鏡子が勤める原島富士雄文学記念館の館長。夫を亡くして孤独の中にいた彼女を優しく支えた。


宇津木春子
・・・根岸季衣
花折クリニックの院長。医師としての高橋に信頼を寄せていたが…。



スポンサードリンク