なつと一緒に上京し「川村屋」で菓子職人の修行に頑張っていた雪次郎(山田裕貴)。

東京でなつの兄・咲太郎と出会い、演劇に触れる機会が増えるにつれ、自分のやりたいことは演劇だったと気付いてしまった雪次郎。

家族をなんとか説得し、先の見えない演劇の世界に飛び込んでいきました。

第15週では研究生を経て劇団員になることが決まり、さらに咲太郎が立ち上げる声優の会社で声優の仕事もすることに…。


そんな雪次郎の結婚相手がふと気になってしまったんです。

「結婚」はまだ早いにしても、恋の相手も気になります。

山田裕貴さん演じる雪次郎の結婚相手は蘭子さんなのかレミ子なのか…。

夕見子はいったいどうなったのかまとめてみました。



スポンサードリンク


雪次郎の結婚相手は蘭子さん?

劇団「赤い星座」の看板女優・亀山蘭子

演じているのは鈴木杏樹さんです。

蘭子さんを雪次郎の結婚相手に考えるのは現時点では無理があると思います。

雪次郎は劇団「赤い星座」の研究生から劇団員になることが決まったばかり。

恋愛どころじゃありません。

それに蘭子さんは劇団「赤い星座」を代表する女優さん。

雪次郎の手が届く相手ではないのではないでしょうか?


となると、レミ子はどうなのかしら…?


※2019年7月17日追記

なんと、雪次郎は蘭子さんに憧れてるとのこと。

「俺が相手にされるわけない。役者として憧れてるだけ。」

と言っていました。

雪次郎と蘭子さん。

絶対にないと思っていましたが、ちょっとこの先楽しみになってきました…。


※2019年7月23日追記

劇団「赤い星座」で、次回作の主役に雪次郎が抜擢。

納得いかない若手劇団員達は、一人の俳優の私情によるものだと反発。

雪次郎を呼び出し、雪次郎に蘭子さんに対する恋愛感情がなくても、えこひいきを受けているのは事実だと…。

そして雪次郎に新しい劇団を一緒に立ち上げないかと詰め寄ります。

しかし雪次郎は、「亀山蘭子という女優と共演することが夢だった。だから今は辞めるわけにはいかない」と、誘いを断ります。

やはり雪次郎は、ただただ演劇が好きなんですよね?



雪次郎の結婚相手はレミ子?

雪次郎と同じく劇団「赤い星座」の研究生から劇団員になることが決まったばかりの土間レミ子ちゃん。

咲太郎とは「ムーラン・ルージュ」にいた頃からのつきあいで、ずっと咲太郎に好意を寄せているんです。

雪次郎とは出会ってからまだ日が浅いので、今のところ何とも思っていないのでしょうがこの先もしかするかもと予想しています。

雪次郎とは演劇の道を歩む者同士、切磋琢磨しながらの日々を過ごしているうちに、なにかのきっかけで恋に発展。

そして結婚…。

なぁんて想像しているのですが、先を見守っていきましょう。



スポンサードリンク


夕見子はどうなった!?

ところで!

雪次郎って夕見子に一途だったと思うのですが、違いましたっけ?

夕見子というのは、なつが育った北海道の柴田家の長女。

なつとは同い年で、札幌の北海道大学に進学しています。

子どもの頃から夕見子大好きオーラを出していたのですが、夕見子には軽くあしらわれ、高校の時も隣の汽車に乗っている夕見子に大声を出して手を振っていた雪次郎。

なつと雪次郎の送別会、夕見子の合格祝いの席での雪次郎の一言。

「俺の目標は、北大での夕見子ちゃんに、おいしいって言ってもらえるお菓子を作ることです。」

やはり夕見子大好きの雪次郎。


そんな雪次郎でしたが、上京してからは夕見子のことは全く出てきませんでしたね。

「川村屋」での修行からの演劇の道へ進路変更と、それどころではなかったのかもしれません。

雪次郎と夕見子も今後の展開が気になるところです。


※2019年7月15日追記

北海道にいるはずの夕見子が突然「風車」にやってきました。

恋人と東京で暮らすという夕見子に戸惑うなつ。

もちろん雪次郎も動揺…。

やはり雪次郎と夕見子…。

無理なのでしょうか?


※2019年8月9日

「雪月」に呼び出されたなつ。

雪次郎が作ったお菓子の新作お披露目会でした。

ところが突然夕見子ちゃんにプロポーズを!

そして夕見子ちゃんは

「もし、結婚するとしたらあんたしかいないと思ってた」

なんて言いだすから、みんなビックリ!

一時は蘭子さんに傾いた、雪次郎でしたがやっぱり夕見子ちゃんLOVEだったんですね。



スポンサードリンク