ドラマとマンガで“戦争”を描く「お父さんと私の“シベリア抑留” -「凍りの掌」が描く戦争-」が放送されます。

2018年8月にNHK・BSプレミアムで放送された、オリジナルドラマ「戦争めし」に続く第2弾となります。

ドラマとマンガがコラボした新感覚のドラマなので、幅広い方に見ていただけるのではないでしょうか?

ドラマ「お父さんと私の“シベリア抑留” -「凍りの掌」が描く戦争-」の放送日や再放送はいつなのか、キャストやあらすじ、原作などを紹介します。



スポンサードリンク


「お父さんと私のシベリア抑留」放送日・再放送

■放送日
2019年8月10日(土)
午後9時00分
BSプレミアム


■再放送

2019年9月15日(日)
午後0時00分
BSプレミアム


「お父さんと私のシベリア抑留」原作

漫画家・おざわゆきさんの2012年、第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作品「凍りの掌 シベリア抑留記」です。

「凍りの掌 シベリア抑留記」はおざわゆきさんが実父の体験した過酷なシベリア抑留の様子や、同様の体験をした人々に多数取材を重ねて描いた物語です。




「お父さんと私のシベリア抑留」あらすじ

漫画家のおざわゆき(木村多江)は、高校1年でプロデビューを果たしたものの、その後連載も途絶え、40歳を過ぎて、崖っぷちに立たされていた。2006年、あることをきっかけに、父・昌一(古谷一行)の「シベリア抑留」体験をマンガにしようと考え、父に協力を依頼する。
ところが父から聞かされる話は、「寒さ・重労働・飢え」など、想像をはるかに超える過酷さで、ゆきは、心身ともに打ちのめされる日々を送ることになった。それでも何とかマンガにして後世に伝え残そうと、夫・博光(小手伸也)の励ましを得ながら、懸命に描いていく。すると・・・。
引用元:ドラマ×マンガ お父さんと私の“シベリア抑留”~「凍りの掌(て)」が描く戦争~公式HP



「お父さんと私のシベリア抑留」キャスト

■ドラマ
漫画家 おざわゆき
・・・木村多江


ゆきの父親 昌一
・・・古谷一行


ゆきの夫 博光
・・・小手伸也

田根楽子

田村泰二郎

清水宏

生島勇輝

坂本充広

浅野千鶴

三村和敬

石原壮馬

ほか


■マンガ声の出演
ゆきの父親 昌一の声
・・・小野賢章

木村良平

山下大輝

黒羽麻璃央



スポンサードリンク