国民的映画「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎の少年時代を描くNHKドラマ「少年寅次郎」の放送が決定しました。

「男はつらいよ」の主人公・寅さんの少年時代なんて今まで考えたこともありませんでした。

どんな少年だったのかすごく楽しみなドラマです。

ドラマ「少年寅次郎」の放送日と再放送日はいつなのか、キャストやあらすじ、原作などを紹介します。



スポンサードリンク


ドラマ「少年寅次郎」放送日・再放送日・あらすじ

■放送日
NHK総合
2019年10月19日(土)スタート
毎週土曜 夜9時~9時49分・全5回

BS4K
2019年10月16日(水)スタート
毎週水曜 夜7時50分~8時39分


■再放送
総合テレビ
毎週木曜日 午前0時55分(水曜深夜)


ドラマ「少年寅次郎」を見られなかった!見逃した!という方、
NHKオンデマンドにて配信されます。

NHKオンデマンドにこれから登録される方は、動画配信サービス「U-NEXT」からの登録がおススメです。

詳しくはこちらから確認できます。
↓  ↓  ↓





第5話(最終話)
NHK総合
放送日:2019年11月16日(土)よる9時
再放送:2019年11月21日(木)午前0時55分(水曜深夜)
BS4K
放送日:2019年11月13日(水)よる7時50分
光子(井上真央)がしきりに腰を押さえるように。車家の人々は心配でならないのに、平造(毎熊克哉)だけは知らん顔。そんな父が許せない寅次郎(井上優吏)は…。そして光子は…。 寅次郎は香具師(やし)の政吉という男と知り合い…。いよいよ車家の人々の運命が動き出す。
引用元:「少年寅次郎」公式HP


第4話
NHK総合
放送日:2019年11月9日(土)よる9時
再放送:2019年11月14日(木)午前2時10分(水曜深夜)
※スポーツ中継のため、通常と再放送時間が異なります(1時間15分遅れ)
BS4K
放送日:2019年11月6日(水)よる7時50分
寅次郎(井上優吏)は中学2年になり、平造(毎熊克哉)に批判的な視線を投げることを、光子(井上真央)は心配する。勉強はからきしだが、担任の散歩先生(岸谷五朗)の英語の授業だけは理解はできないけど好き。ある日、散歩先生に呼ばれた寅次郎を待っていたのは、13年前くるまやの前に寅次郎を置いて消えた産みの母お菊だった…
引用元:「少年寅次郎」公式HP


第3話
NHK総合
放送日:2019年11月2日(土)よる9時
再放送:総合 2019年11月7日(木)午前0時55分(水曜深夜)
BS4K
放送日:2019年10月30日(水)よる7時50分
寅次郎(藤原颯音)の父、平造(毎熊克哉)が復員したが、人が変わったように何かにおびえ、可愛がっていた娘のさくらを拒否する。光子(井上真央)は不安を募らせるが、祖父の言葉と寅次郎の機転が少しずつ平造を元の暮らしに戻していく。
中学生になった寅次郎(井上優吏)は、裏の朝日印刷の工員・さとこ(森七菜)のことが好きらしいと、おいちゃん(泉澤祐希)とおばちゃん(岸井ゆきの)は気付く。しかしさとこは鰻屋の千吉(尾上右近)といい仲のようで、寅次郎の初恋に暗雲が…。
引用元:「少年寅次郎」公式HP


第2話
NHK総合
放送日:2019年10月26日(土)よる9時
再放送:2019年10月31日(木)午前0時55分(水曜深夜)
BS4K
放送日:2019年10月23日(水)よる7時50分
昭和19年、寅次郎は国民学校で立たされてばかりだが元気いっぱい。優秀だが体の弱い義兄の昭一郎の代わりに、妹のさくらを守って頑張る。そんな時、父の平造(毎熊克哉)に赤紙が。悲しみをこらえる母、光子(井上真央)に、父への愛を感じる寅次郎だった。さらに昭一郎が病に倒れ帰らぬ人に。抜け殻のような母の姿に、自分が代わりにいなくなればいいと思う寅次郎だが、大空襲の日、母が寅次郎のために見せた行動は…
引用元:「少年寅次郎」公式HP


第1話
NHK総合
放送日:2019年10月19日(土)よる9時
再放送:2019年10月24日(木)午前0時55分(水曜深夜)
BS4K
放送日:2019年10月16日(水)よる7時50分
昭和11年、歴史を揺るがす226事件の前夜、東京葛飾柴又の団子屋、くるまやの前に赤ん坊が置かれた。誰の子か承知の上で、車光子(井上真央)は育てることを決める。帝釈天の御前様(石丸幹二)に寅次郎と名付けられて5年、寅次郎はわんぱくに。光子の夫、平造(毎熊克哉)は、そんな寅次郎が気に入らない。それでも愛情を注ぐ光子が大好きな寅次郎なのに、母を裏切るような出来事が起きる。でも、寅次郎の心情を知った光子は… そして、さくらが誕生して…
引用元:「少年寅次郎」公式HP



スポンサードリンク


ドラマ「少年寅次郎」原作

ドラマ「少年寅次郎」の原作は、、映画監督・脚本家の山田洋次さんによる長編小説「悪童(わるがき)小説寅次郎の告白」です。

映画では描かれることのなかった「寅さんの少年時代」を寅さん自身が語る小説となっています。

初恋や戦争のこと、父親、妹・さくら、映画に登場するにぎやかなお馴染みの登場人物、そして母親のこと…

寅次郎という人間がどうやってできあがったのかがわかる小説です。




ドラマ「少年寅次郎」キャスト

寅さんの育ての母
車光子
・・・井上真央
くるまやを営む車家の長男に嫁いだしっかり者。ダメな夫の仕打ちには反撃しつつ、底知れない愛情が…


光子の夫 車平造
・・・ 毎熊克哉
家業に精を出す気もなく遊んでばかり。荒くれ者をよそおうが、実は争いが嫌いなお調子者で…


車寅次郎
・・・藤原颯音/井上優吏
雪の降る226前夜にくるまやに置かれていた。そんな生い立ちを知っている。父は苦手だが、母の光子が大好き。


おいちゃん(平造の弟)
車竜造
・・・泉澤祐希
車家の次男。上野の和菓子屋の職人で働き者。のんきに見せながら光子たちをいつも気遣う。


おばちゃん(竜造の妻)
車つね
・・・岸井ゆきの
仲良し夫婦だが、子宝に恵まれないのが目下の悩み。寅次郎やさくらが可愛い。


寅次郎の妹 車さくら
・・・落井実結子/野澤しおり
寅次郎が世界で二番目に大切な、日本一の妹。だが、寅次郎と母が違う。本人は知らず天真爛漫で天使のよう。


光子と平造夫婦の長男
車昭一郎
・・・村山陽央/山時聡真
秀才。だが、病弱。いきなり弟になった寅次郎を可愛がる。しかし…


平造の父 車正吉
・・・きたろう
寅次郎の祖父。団子作りはこの人でもつ。余計なことは言わないが、いつも嫁と孫を心配する


寅次郎の産みの母 お菊
・・・山田真歩
雪の夜、まだ名前のない赤ん坊(寅次郎)をくるまやへ置いて去ったが…


帝釈天住職 御前様
・・・石丸幹二
寅次郎の名付け親。平造一家のことは特に気にかけ、わんぱく寅次郎には時折雷を落とす。


寅次郎の初恋の人 さとこ
・・・森七菜
くるまやの裏にある朝日印刷の行員さん。山形出身のとても素朴で素直で、でもはつらつとした愛くるしさに、寅次郎はメロメロ。寅次郎に弟のように親しく接するさとこは、そんな寅の気持ちにはもちろん気づいていない。


夏子
・・・井頭愛海
中学生になった寅次郎の担任教師、坪内散歩先生の娘。バイオリンを奏でるお嬢様で、寅次郎はもちろん…


坪内散歩
・・・岸谷五朗
中学生なった寅次郎の担任の英語教師。散歩先生の英語の授業だけは、寅次郎も好き。その率直な人柄に救われる寅次郎だが…



スポンサードリンク