溝端淳平さん主演、シリーズ最終章となるBS時代劇「立花登青春手控え3」が放送されます。

1982年に放送された中井貴一さん主演の「立花登 青春手控え」をリメイクし、溝端淳平さん主演として放送が始まったのが2016年。

2017年に続編となる「立花登青春手控え2」、そして2018年最終章となる「立花登青春手控え3」が放送されます。

「立花登青春手控え3」の再放送やあらすじ、キャストや原作、動画配信情報を紹介します。



スポンサードリンク


「立花登青春手控え3」の放送日・再放送・あらすじ

【放送日】
2018年11月9日(金)スタート (連続7回)

毎週金曜 よる8時 ~ 8時43分

BSプレミアム にて放送


第5回「影の男」
放送日:2018年12月7日(金) よる8時から8時43分
再放送:2018年12月9日(日)午後6時45分

大坂に医学修業へ行かせてもらえると、ちえ(平祐奈)から聞かされた登(溝端淳平)は嬉しく思うが、大金が掛かるから無理だと諦めた。喜八(松田悟志)という囚人が登に、盗みの罪で入牢中の甚助(小宮孝泰)は無実だと告げる。気になった登が岡っ引きの藤吉(石黒賢)に頼んで調べてみると、房吉(仁科貴)という男が真犯人ではないかと浮かんできた。だが房吉が水死体で発見され、その女房のおつな(宮地真緒)が疑われる。
引用元:https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/tachibana3/html_tachi3_story.html

第4回「影法師」
放送日:2018年11月30日(金) よる8時から8時43分
再放送:2018年12月2日(日)午後6時45分

登(溝端淳平)は包丁で人を刺した罪で牢に入っているおちせ(川添野愛)に、たびたび見舞いの品を差し入れる杉蔵(落合モトキ)という男のことを気にかけていた。おちせと杉蔵がそのうち所帯を持てば良いと考えていたが、放免になったおちせは杉蔵の元へ現れず、行方をくらませてしまう。おちせが刃傷沙汰を起こした原因が母の死にあると知った登は、その行方を懸命に探す。すると彼女が初老の男と一緒に暮らしていると分かり…。
引用元:https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/tachibana3/html_tachi3_story.html



第3回「白い骨」
放送日:2018年11月23日(金) よる8時から8時43分
再放送:2018年11月25日(日)午後6時45分

登はもうすぐ釈放になる囚人・辰平(きたろう)の病状が心配で、別れた女房のおむら(渡辺梓)を訪ねて、面会に来てやって欲しいと頼み込んだ。放免になった辰平は、登のお節介のおかげで女房とよりを戻す決心をした。だが一月も経たないうちに、辰平が殺されたと囚人仲間だった弥次郎(小林隆)が注進に現れる。入牢中の男から五両の駄賃で、牢外の人間に伝言を頼まれた末に殺害されたらしい。怒りに燃えた登は犯人を追いつめる。
引用元:https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/tachibana3/html_tachi3_story.html



第2回「秋風の女」
放送日:2018年11月16日(金) よる8時から8時43分
再放送:2018年11月18日(日)午後6時45分

登は牢屋敷の下男・佐七(中島広稀)が、女囚のおきぬ(黒川芽以)と良い仲になっているのを知り注意するが、佐七は悪びれた様子もなく忠告を無視する。おきぬのことが気になった登が調べてみると、彼女は男のために盗みを働いて捕まったらしいと分かる。そんな時、佐七が牢内のおきぬに頼まれその長屋に行って、何か証文のようなものを持ち出した。そのあとを登と藤吉が尾行していくと、凶悪そうな男が現れた。
引用元:https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/tachibana3/html_tachi3_story.html



第1回「奈落のおあき」
放送日:2018年11月9日(金) よる8時から8時43分
再放送:2018年11月11日(日)午後6時45分

小伝馬町牢屋敷の獄医・立花登(溝端淳平)は知り合いのおあき(樋井明日香)から入牢している伊勢蔵(深水元基)の面倒を見て欲しいと頼まれる。囚人の嘉吉(水澤紳吾)からは病気の娘の診察を懇願され、娘が住む長屋へと往診に出かけた。娘の命が助かった礼に、盗賊の子分が牢内にいると登に密告した嘉吉だが、間もなく死体となって発見された。登は放免されたばかりの伊勢蔵が怪しいと考え、岡っ引きの藤吉(石黒賢)に探索を頼む。
引用元:https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/tachibana3/html_tachi3_story.html



「立花登青春手控え3」原作

BS時代劇「立花登青春手控え3」の原作は、小説家・藤沢周平さんの「獄医立花登手控え」です。

藤沢周平による日本の時代小説短編集シリーズで、「青年獄医立花登」と題して全4巻出版されています。



スポンサードリンク


「立花登青春手控え3」キャスト

立花登
・・・溝端淳平
出羽亀田(山形県)から、医者の叔父・玄庵を頼って江戸に来て、今は小伝馬町の牢医者を務めている。医術も柔術もその腕前はかなりのものだが、従妹のちえには何かと翻弄されてしまう。


登の従妹 ちえ
・・・平祐奈
小牧家の一人娘。おてんばな性格は相変わらずだが、一緒に暮らすうちにちえは登への想いをどんどんと募らせていく。


登の叔父で町医者 小牧玄庵
・・・古谷一行
好きな酒を飲むため、登に代診を頼むことがしばしばである。妻の松江にはまったく頭が上がらない。


玄庵の妻 松江
・・・宮崎美子
登の叔母。居候の登にいつも屋根の修繕や庭掃除などの雑事を押し付ける。だが、憎めない可愛げのある人でもある。


小牧家の女中 きよ
・・・鷲尾真知子
居候で立場の弱い登に何くれとなく世話を焼いてくれる優しい人だが、ぶっきらぼうな物言いが時に怖い。


深川の岡っ引き 藤吉
・・・石黒賢
登が牢医者として関わった囚人たちにまつわる事件を調べ直し、真相究明の手助けをする心強い仲間。


小伝馬町牢屋敷の牢屋同心 平塚平志郎
・・・マキタスポーツ
職務に忠実な男だが、囚人の手助けをしようと懸命に働く登を好ましくも思っている。


小伝馬町牢屋敷の牢医者 土橋桂順
・・・正名僕蔵
診察は登に任せることが多く、始終お茶を飲んでゆっくりしている。


藤吉の子分の下っ引き 直蔵
・・・波岡一喜
いったん狙いをつけた相手はとことん調べ上げる、意外にも優秀な男である。


旗本の三男坊 久坂道乃丞
・・・渡辺佑太朗
起倒流柔術の道場では登の後輩。登を兄のように慕っていて、何かと相談を持ちかける。



「立花登青春手控え3」動画配信情報

「立花登青春手控え3」はNHKオンデマンドにて動画配信されます。

NHKオンデマンドの加入を考えている方は、U-NEXTからの加入がオススメです!

こちらで確認してみてください。

NHKオンデマンドを視聴するならU-NEXTがオススメ!


ちなみに、2016年放送の「立花登青春手控え」、2017年放送の「立花登青春手控え2」もNHKオンデマンドにて動画配信されています。(2018年7月時点)



スポンサードリンク